FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → カイカク真理教の腐れプロパガンダ

カイカク真理教の腐れプロパガンダ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

福田内閣粉砕を皇祖皇宗に誓う市民の会バナー

 国民の意見などは一切無視で、新五人組(森・青木・古賀・野中・バカボン)と小泉の独断と偏見と都合と我欲の為だけに誕生した福田政権。

 そんな福田政権に対して、早くも、「兎に角カイカク」を進めろという指令が乱れ飛んでいる模様です。
福田内閣に改革後退リスク=格付け改善で-米S&P

 米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は26日、福田内閣発足を受け、日本政府の格付けリポートを発表した。リポートは首相が交代しても参院で与野党が逆転する「ねじれ現象」に変わりがなく、構造改革の後退という「政策リスクに依然として直面している」と指摘。日本経済と格付けの改善に向けた最大の障害になっているとした。

 リポートは日本の格付け改善には、税制や社会保障など「包括的な構造改革を着実に進めることが不可欠だ」と強調。その上で、政局の行き詰まりが財政再建路線の転換につながるなら「格付けに下方圧力が掛かる可能性がある」との認識を示した。

(2007年09月26日 時事通信)

 まあ、アメ公は実に正直者と言うか何と言うか、隠し立てしようともせずに、暗にでも無く表立って堂々と「カイカクを進めろ」とご命令とは、傲慢不遜極まりありません。

 大体からして、たかだか他人様を格付けして偉そうに踏ん反り返っている寄生虫如きに、何で我が国が進むべき方向性が分かるのか、という話です。

 更にそもそもの話をすると、仮に格付け会社様にその権利があると仮定しても、その他人様の国を勝手に格付けして銭を稼いでいる寄生虫殿の言う通りに「カイカク」を進めて、少しでも良くなった国が一国でもあるのか、という話です。

 私の知る限りでは、悉くが金融破綻を起こしたり社会不安を起こしたりして、ひたすらにデモが絶えない国となったり、雇用が無くて失業者が溢れかえっている国となったりなど、碌な結果になっていない訳ですが、何を以てこの薄ら馬鹿は、自信満々に「包括的な構造改革を着実に進めることが不可欠だ」などと言えるのでしょうか。

 正直、ここまで来ると、思考のパターンや精神の構造が「ニダーランド」の「キムチさん」と変わらないのではないかと思えてくる程です。

 しかし、困った事は、この連中のキムチ並のお頭の弱さだけではありません。

 我が国にも、この「白キムチ」どものカイカク真理教を盲信して、或いは便乗して「カイカクを進めないと日本に未来は無い」とデマゴギーを流布する「日本産キムチ」が大量に存在しています。

 ご存知「財界塵」です。
「改革停滞は信頼失う」 産業界が新内閣に希望

 25日発足した福田内閣に対して、産業界では小泉、安倍政権が進めた構造改革にどう取り組むかを注視している。構造改革の継続で経済成長を確保することが産業界にとって大きな関心事だからだ。改革が後退すれば、海外の投資家などからの信用を失う恐れもある。消費税増税などの課題に早期に取り組むなど、スピード感のある政策の実現を求める声が高まっている。

 日本製紙連合会の鈴木正一郎(王子製紙会長)会長は、自民党が大敗した参院選以降、「(政策が)過去のばらまき型になろうとしている」との懸念を表明し、福田内閣に対して構造改革の継続を強く訴える。

 日立製作所の古川一夫社長も「改革が停滞した場合、日本経済は内外の信頼を失い、世界から取り残されてしまう。今の日本に政治の空白は許されない」と指摘し、新内閣には政策実現に向けた具体的な取り組みを求めている。

 日本経団連は、平成20年度の税制改正で、法人税の実効税率を欧米並みの30%に引き下げるほか、研究開発促進税制の控除(現行20%)拡大など、国際競争力の強化に向けて法人税減税を要望している。また、消費税をめぐっても平成27年度までに段階的に税率を10%程度まで引き上げ、財政再建につなげる政策を求めている。

 だが、福田内閣は、成長戦略や税制のあり方について、法人税減税も消費税もスタンスを明確にしていない。このため、日産自動車の志賀俊之COO(最高執行責任者)は「早くいろいろな国会審議が行われ、国民が不安に感じていることが決まればいい。国民の期待に応える政治運営をお願いしたい」と述べ、具体的な経済政策の提示が必要との認識を示す。

 経済同友会の桜井正光代表幹事も「財政健全化に伴い、今までの改革で手の届かなかったことを是正し、国民の豊かな生活をつくることは、経済界だけでなく国民全体の願いだ」として福田内閣に強い期待を示した。

(2007年09月25日 産経新聞)

 一般庶民が「小泉カイカク」のお陰様で大変な苦境に喘いでいると言うのに、唯一まともに「カイカク」とやらの恩恵を受けている筈の財界殿は、更に「カイカク」を進めて自分達の負担を軽減し、その分を庶民に被せてしまえ、と。

 そして、それが「経済界だけでなく国民全体の願いだ」と吹聴しておられます。

 日本人全体を真性のマゾヒスト扱いです。

 正直、豆腐の角に錐揉み状に時速119キロで頭をぶつけて100回くらい氏ぬべき、という感想しか持てません。

 財政再建が本当に何よりも優先すべき事項か、という問題は取り敢えず置いておくにしても、本当に財政再建を目指すのならば、最も金を持っている層、ようするに「財界人」と呼ばれる己等が一番負担を大きくすべきな訳ですが、それは嫌なので消費税を増税して庶民から搾り取れ、と。

 ま、一言で纏めるならば完全に「両班の考え方」です。

 トップがこれだけ腐っていれば、そりゃこんな事件も起こるわな、という話です。
ベトナム南部で建設中の橋が崩落、少なくとも60人が死亡

 [ハノイ 26日 ロイター] ベトナム南部で26日、建設中の橋が崩落し、少なくとも60人が死亡、100人が行方不明となっている。建設業者や警察当局が明らかにした。

 国営ベトナム・テレビ(VTV)は、コンクリートや鉄筋が崩落したカントー市の現場の様子を映し出し、がれきの中に閉じ込められたままの人もいると報じた。

 地元警察によると、事故は現地時間午前8時半(日本時間午前10時半)ごろ発生。崩落個所の下には約100人の作業員がおり、そのほか150人前後が橋の上で作業していた。

 事故原因はまだ明らかになっていないが、ベトナム・テレビは、雨で地盤が緩んでいた可能性があるとしている。

 またカントー市当局者らによれば、事故当時の建設現場には、大成建設と鹿島、新日鉄エンジニアリングからの合計約250人の作業員らがいたという。

(2007年09月26日 ロイター通信)

 まあ、これはゼネコンの話で、上記の産経の記事に出ている産業界とやらとは直接は関係無い話ですが、日本の財界のトップという連中は、どいつもこいつも同様に脳味噌が湧いている連中ばかりなのだろう、という事です。

 端的に纏めるならば、これが「コーゾーカイカク」とやらの行き着く先だという事です。

 もっと端的にすれば、「日本のチュウゴク化」という事です。

 企業の「国際競争力」の向上の為、政府の財政再建の為の皺寄せを全て国民に被せ、その上に「カイカク」とやらで大量に出現した「ハケン・パート・バイト」を雇用の中心とする事によって安い賃金で労働者をこき使い、その挙句にこういう事件を乱発させる。

 こんな阿呆どもの流言に踊らされ、カイカク音頭を踊り続ける事は、亡国への道以外の何物でも無いと言えるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 3939
おすすめ度の平均: 4.0
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

グローバリゼーション・新自由主義批判事典
イグナシオ ラモネ ヤセク ヴォズニアク ラモン チャオ Ignacio Ramonet Jacek Wo`zniak Ram´on Chao 杉村 昌昭 信友 建志 村澤 真保呂
作品社 (2006/07)
売り上げランキング: 65440
おすすめ度の平均: 4.0
4 何気に読んでも面白い一冊
4 便利な一冊


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
▽【注目】 モデルルームオープン情報
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
極めて御尤もなご意見と拝聴させて頂きました。

ただ、一連の出来事は、独立を回復するための
窮余の一策のようにも見えます。

自エンドというシナリオは、あり得ますし、論理的に
すっきりしているかもしれません。しかし・・・

少しだけ待っていただけないかなぁ・・・、
というのが正直な感想です。

Cf.

http://www.business-i.jp/news/sato-page/rasputin/200708290010o.nwc

2007/09/27(木) | URL | おろしゃ #-[ 編集]
益々、戦前の状況に酷似してきましたね。罪怪人の基地外共は新大東亜共栄圏でもぶち咬ましそうな勢いですね。でも、虐げられた国民は戦地へ就くかどうか…
あぁ!失礼!ニダー難民が就くのが決定事項でしたね。(笑)
2007/09/27(木) | URL | はやぶさ #-[ 編集]
>一連の出来事は、独立を回復するための窮余の一策のようにも見えます。

いや、やっている本人達が何のつもりかまでは知りませんが、確実に「独立」からは遠ざかっている訳ですが。

米国からの指令書である「年次改革要望書」に限りなく忠実に「カイカク」を行い、支那との貿易や往来を活発する事により経済の相互依存状態を作るなんて、本気で独立の為にやっているとしたら愚の極みですよ。

そんな状態で改憲したって、糞の役にも立ちません。

>少しだけ待っていただけないかなぁ・・・

何か、まともな方向に動く兆しでも自民党が示したのなら兎も角、そうじゃない状態のままで「カイカク」を進めながら「待って」と言われても、待つ人はいないと思いますよ。
2007/09/27(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>新大東亜共栄圏

もう、ぶち噛ましてくれてますよ。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/asia/index.html

確実に阿呆ですね、こいつら。

戦前を全否定するバカサヨクにも困ったモノですが、戦前を全肯定して、その中から悪いところだけを選りすぐって再実行しようという馬鹿も同様に、いや、それ以上に性質が悪いです。
2007/09/27(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
とうとうラストボスが登場しましたね。国内きっての東アジア共同体推進者の首相就任…。

今度の大東亜共栄圏のメインコンテンツは大量の移民による日本乗っとりでしょう。残された日本の経済力を守り育てるというのは古い発想、火が弱くなったロウソクはガソリンをかけて爆発させるのがグローバリストの考え方です。その後日本がどうなろうと知ったことではない…。

連中は少子高齢化を錦の御旗にして雇用のグローバリゼーションを押しつけて来るのです。おそらく、選挙権はあるが未来がない老人層にとって、外国人労働者導入がプラスになるというアピールをしてくるはずです。「外国人」「福祉」なら左寄りな野党が逆らえませんから。

まずはフィリピン人介護士全面解禁を何とか止めましょう!
2007/09/27(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>今度の大東亜共栄圏のメインコンテンツは大量の移民による日本乗っとりでしょう。

阿呆どもの言っている事を総合すると、そういう事になりますね。

日本人が低賃金に喘いでいるのに、国際競争力を底上げする為に移民を受け入れようという事は、要するにそういう事以外の何物でもないですから。

>連中は少子高齢化を錦の御旗にして雇用のグローバリゼーションを押しつけて来るのです。

少子高齢化。

これ、経済を安定させて、福祉を充実させれば、確実に回復の方向へ向かうんですけどね。

殆どの人は、子供が欲しくないから作らないのでは無く、経済的に2人3人を育てるのが厳しいから作らないだけですから。

雇用が安定すれば、若い人間の結婚も促進されるでしょうし、そうなれば、単純に子供を作れる期間そのものが延長する事にも繋がりますしね。

それらを全部すっ飛ばして「移民」で解決しようなんて、究極の阿呆の子の発想ですね。

>まずはフィリピン人介護士全面解禁を何とか止めましょう!

こういう問題では、共産党は糞の役にも立たんでしょうから、頼りになりそうなのは、国民新党だけというのが厳しいところですが、何とかせねばなりませんね。
2007/09/28(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/931-d54ea906
  記事カテゴリーに新しく「自END(自民党追放キャンペーン)」が加わりました。  国民政党だった姿は今や昔、外資や勝ち組企業、アメリカ政府の言いなりになってグローバル化を押し進め、日本を滅茶苦茶にしている「
2007/09/28(金) | 日々是勉強
 「郵政民営化」を特集した2007.9.23の「フジテレビ報道2001」の内容を「日暮れて途遠し」さんが、文字起こししておられます↓。日暮れて途遠し 今こそ問われる郵政民営化の光と陰(1)日暮れて途遠し 今こそ問われる郵政民営化の光と陰(2) では、そこから、適宜
2007/09/28(金) | Dogma and prejudice