FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 支那とカイカクと康夫

支那とカイカクと康夫
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

福田内閣粉砕を皇祖皇宗に誓う市民の会バナー

 保守層からもリベラル層からも蛇蝎のように嫌われ、一応は50%超ある支持率とやらが怪しくて仕方がない福田康夫内閣総理大臣閣下ですが、そんな彼でも、猛烈に好いてくれる素敵な人達は存在しています。

 森・小泉ら彼のパトロンだと言いたいところですが、森くんは兎も角として、小泉の福田嫌いは結構有名な話であり、ただ単に「カイカク」を進めるのに福田が一番都合が良いから使っているだけであろう事は明白で、彼の支持母体である「清和会」にしても、どうにも彼を好いたり尊敬したりしているようには見えず、森・小泉に逆らえないだけであると思われます。

 では、彼を猛烈に好いている物好きは何処の何奴かと言えば、ご存知、世界でも数少ない、福田康夫というゴミクズと非常に近い精神構造をした人非人集団、中国共産党の皆様です。
共産党機関紙に日中特集=国交35年で全面広告も-中国

 【北京29日時事】29日付の中国共産党機関紙・人民日報は、同日の日中国交正常化35周年を記念した特集記事を3ページにわたり掲載した。福田康夫首相は「わたしは両国間の対話を重視し続け、『戦略互恵関係』構築に力を尽くしたい」とメッセージを送り、高村正彦外相も「国民の相互理解増進が基礎だ」との言葉を寄せた。

 一方、同紙は35周年に合わせて展開されている「日中文化・スポーツ交流年」の全面広告も掲載。正常化を成し遂げた田中角栄、周恩来両元首相が握手する写真を背景に「あなたには日本の友人がいますか、中国の友人がいますか」「きょうも1万3000人が両国間を往来しています」というキャッチフレーズが強調された。

(2007年09月29日 時事通信)

 国交正常化35周年とやらが密に絡んでいるにしても、未だ何を成し遂げた訳でも無い男の事を、未だかつて無い程の勢いで絶賛し、機関紙にぶち抜き3ページにも渡る特集を組む。

 何かもう、中国共産党という連中の下心、もとい福田康夫という我が国の忌み子に対する異常な愛情が端々から漏れてきて、頭が痛くなってきそうな程だと言えるでしょう。

 如何に福田康夫という男が、無能で盆暗で胡散臭くて支那にとって都合の良い人物かという事が、これだけで十分過ぎる程に分かろうかというものです。

 一応、親中派で知られる高村氏もメッセージを寄せている訳ではありますが、高村氏が「国民の相互理解増進が基礎だ」とお決まりの文句を述べているのに対し、福田くんが「わたしは両国間の対話を重視し続け、『戦略互恵関係』構築に力を尽くしたい」と「自分こそが日中友好の柱」とでも言いたげな程に自己アピールしているのも、非常に痛々しくて笑えないところです。

 深く掘り下げていくと、「わたくしめが一生懸命『日中友好』の為に汗を流しますが故、チュウゴク様は何も心配なさらなくとも大丈夫でございます」という言葉が隠れているのが分かります。

 何時から我が国は支那の冊風体制に組み込まれたのか、小一時間問い詰めたい。

 独立の気概だの何だの云々以前に、最初からフルスロットルで奴隷根性を丸出しにした総理大臣は、流石に村山富市以来かと思います。

 まあ、そんな生来の奴隷根性の持ち主、弱きを挫き強きに阿る変態趣向野郎・福田康夫くんですが、彼の悪行はそれだけではありません。

 連日の事で流石に飽き飽きしてきた感もありますが、またぞろ、金の事での事件が発覚した模様です。
福田首相の支部、別業者からも20万寄付受ける

 福田首相が代表を務める自民党群馬県第4選挙区支部が、衆院選の公示日前後に、国と契約を結んでいた清掃会社から計200万円の寄付を受けていた問題で、同支部は、2003、05年の衆院選の時期に、国の公共工事を受注していた同県藤岡市の建設会社からも計20万円の寄付を受けていたことがわかった。

 寄付があったのは、衆院選公示後の03年11月3日と公示日の05年8月30日でいずれも10万円。同支部は28日、清掃会社と建設会社からの計220万円の寄付を返金した。

 福田首相は28日夜、「細心の注意を払ってやっているが、それでもミスが出てくる。こういう問題は非常に重要視しており、自分の所からこういう問題が出るのは誠に汗顔の至り」と述べ、陳謝した。

 一方、福田首相関連の政党支部と政治団体の政治資金収支報告書の領収書のあて名が書き換えられていた問題で、03年11月と05年9月に行われた衆院選についても、福田首相の選挙運動費用収支報告書に添付された86枚計約240万円分の領収書のあて名が書き換えられていた。判明した領収書の書き換えは計103枚約820万円分となった。

(2007年09月29日 読売新聞)

 しかしまあ、それにしても、よくもまあこれだけ次から次へと、金の問題が出てくるものであると呆れてしまう程だと言えるでしょう。

 この調子では、まともにきちんとやっている事の方が少ないかも知れません。

 金に汚いとか何とか言うよりも、道徳観とかそういった観念が完全にぶっ壊れているかと思われます。

 そして、その上に間抜けで能無しだからそれが発覚する、と。

 ただまあ、こういう人間だからこそ、支那や朝鮮という汚職大国から共感を得て、史上最もと言っても良いくらいに好かれているのだと言えるでしょう。

 類は友を呼ぶ、というやつですな。

 ちなみに、そんな行政府のトップである福田閣下がせこい領収書の誤魔化しや違法献金で私財をセコセコと蓄えているうちに、国民生活の方はますます危機的な状況に突入しています。
年収200万以下増 格差拡大

民間企業で働く人の去年1年間の平均年収は435万円と9年連続で減少したことが、国税庁の調査でわかりました。年収200万円以下の人は昭和60年以来、21年ぶりに1000万人を超え、大幅に増加しましたが、その一方で年収1000万円を超える人も増加し、給与格差が拡大している状況が明らかになりました。

国税庁の実態調査によりますと、サラリーマンやパートなど、去年1年間を通して民間企業で働いて給与を受け取った人は4485万人で、前の年よりも9万人、率にして0.2%減りました。1人当たりの平均年収は434万9000円となり、前の年と比べて1万9000円、率にして0.4%減り、9年連続の減少となりました。

年収別に見ますと、200万円以下の人は前の年より42万人増え、1023万人と昭和60年以来21年ぶりに1000万人を超えました。一方、年収が200万円から1000万円の人は減少しましたが、1000万円を超える人は224万人と、前の年より9万5000人増え、給与格差が拡大している状況が明らかになりました。


業種別に見ますと、金融保険・不動産業が563万円と、10年ぶりにトップとなり、農林水産・鉱業は297万円で、9年ぶりに300万円を下回りました。

これについて、日本総研の山田久主席研究員は「格差の拡大には非正規の雇用が増えていることが影響している。シニアの嘱託が増えたり、主婦が子育てをしながらパートをできるようになったりしたのはいいが、その一方で中年フリーターのような低所得で働く人が増えている。気になるのは、比較的若い世代で非正規の雇用が増えていることで、スキルが身につかず、低所得を余儀なくされる人が増えないよう、必要なスキルが身につくような仕組みを作る施策が必要だ。背景にはグローバルな競争が進んでいることがある。企業は低コストの労働者を増やさないと対抗できなくなっていて、放置しておけばこの傾向は今後も続く」と話しています。

(2007年09月27日 NHK)

 日本総研の山田主席の論を聞けば分かるように、現状における格差の拡大、貧困の拡散の原因は、明らかに政府の無能な経済政策と無思慮なグローバル化にあると言えるもので、これに対して有効な対策を講じないのは行政府の怠慢以外の何物でもありません。

 にも関わらず、外国に媚びる事しか頭に無い無能宰相は、この歪みを生み出した大本である「小泉カイカク」の継承を掲げ、その上に消費税を増税してまで庶民を徹底的に血祭りにあげようとしながら、己だけは脱税だの違法献金だのをして、のうのうと私財を蓄えてやがる訳です。

 大体からして、その格差と貧困の原因である「コーゾーカイカク」「グローバリゼーション」なるものにしても、それが国家・国民の為になると信じて行っている訳では無く、主に米国、そして冒頭に挙げた支那に媚びる為、連中が我が国で活動し易くする為のものだと言えます。

 グローバリゼーションとは有り体に言えば世界の米国化である事、そして、支那の経済成長の大部分は、そのグローバリゼーションの流れに寄生する事によって発生しているのだという事を踏まえれば、これは自明の事だと言えるものです。

 「政治には金が掛かる故、政治家というのは金を異常な程に欲する」「どろどろした金の遣り取りの中でこそ、厳しい政局を生き抜く知恵と経験が磨かれる」などという論も聞かれ、それはそれで理解出来るものではある訳ですが、そんな事は、まず先に「政治」をやってからの話だろうというものです。

 格差の拡大を極力抑え、貧困をなるべくゼロに近付け、国民生活を一定水準以上に保つ努力をして初めて、そのような理屈にも理が通るのだというものです。

 己等の失政で経済を悪化させ、国民生活を極度の困窮に追い込んでおきながら、己は法摩れ摩れどころか完全に違法な方法を使ってまで私財を蓄え、己等の失政で国庫を減らしておきながら、その尻ぬぐいを己等の失政で困窮している国民に被せて済まそうなどという腐った魂胆が罷り通ろう筈が無い。

 しかも、その庶民から搾り取った金を本当に国庫の補充にあてるのならまだ救いようもあるというものですが、支那畜からの気持ち悪い程の擦り寄り、それに対するこの外道の返答を見れば分かるように、この外道はその金を支那に流す気が満々だと言えます。

 無論の事ですが、「コーゾーカイカク」の指令書である「年次改革要望書」を突き付けてきている米国にも流す気は満々でしょう。

 そして、その中の一部をキックバックで懐に入れ、またぞろ私財を蓄えようという薄汚い魂胆が見え見え過ぎる程に見え見えだと言えます。

 この薄汚れた糞呆けどもを権力の座から引き摺り落とす事は国民の義務であり権利であると言えます。

 愚将・福田康夫、そしてその不愉快な仲間達を退陣させる事無くして、日本の夜明けは永遠に訪れはしないと言えるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら


新自由主義―その歴史的展開と現在
デヴィッド・ハーヴェイ 森田 成也
作品社 (2007/02)
売り上げランキング: 17764
おすすめ度の平均: 4.5
4 狙いを明らかにしたのはよいが、単なる批判ともいえる
5 新自由主義カルトから脱会するために
5 「新自由主義とは何か」を改めて考えるうえで


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
  浪人さん、前もこの歌にひっかけたタイトルをつけてましたね。

  今回のは大ヒット間違いなしです(笑)。

>愚将・福田康夫、そしてその不愉快な仲間達を
>退陣させる事無くして、日本の夜明けは永遠に
>訪れはしないと言えるでしょう。

  はい。その通りです。

  あ、こっちの最新記事に自エンドバナー貼り忘れました。きのう教えていただいたやり方でやってみます。遅ればせながら、ありがとうございました。
2007/09/30(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>浪人さん、前もこの歌にひっかけたタイトルをつけてましたね。

はい。

タイトルもまあ、色々と考えたりもしてる訳ですが、手短に言いますとネタ切れでして(笑)。

まあ、だったらストレートに普通のタイトル付けろよ、という話ではあるのですが(笑)。
2007/09/30(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/936-693575e5
  思わず眉をひそめたくなるようなニュースというものがあります。以下の引用記事を見て、みなさんはどう感じたでしょうか。日本の大学間協定の相手国 中国トップ、米国抜くhttp://www.chunichi.co.jp/article/nati
2007/09/30(日) | 日々是勉強
 ||| 国連特使ミャンマーでスーチー女史と会見 |||ミャンマーのジュンタ軍事政権、スーチー女史に初の特別外出許可僧侶の民主化抗議デモ弾圧紛争で首都訪問の国連特使と会談のため2007年9月30日 ミャンマー・ヤンゴン発 |ミャンマーを45年間独裁してきた軍事政権の終
2007/10/01(月) | 米流時評