FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 麻生外相、天下の朝日を一本釣り

麻生外相、天下の朝日を一本釣り
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

麻生発言 天皇を持ち出す危うさ

 外務大臣は日本外交の責任者である。だが、靖国神社をめぐる麻生外相の最近の発言は、その責任と重みをわきまえているのか、疑問を抱かせる。

 先週末、公明党参院議員の後援者らの会合で、小泉首相の靖国神社参拝について聞かれ、こう答えた。

 「英霊からすると天皇陛下のために万歳と言ったのであって、総理大臣万歳と言った人はゼロだ。だったら天皇の参拝なんだと思うね、それが一番」

 「(天皇の参拝が)何でできなくなったかと言えば、公人、私人の、あの話からだ。どうすれば解決するかという話にすれば、答えはいくつか出てくる」

 なにが言いたいのかよく分からないが、天皇の靖国神社参拝こそが重要であるというメッセージは伝わってくる。

 この発言は直ちに世界へ報じられた。

 「麻生外相が戦争神社への天皇参拝を求めた」(英BBC放送)。「日本外相が、天皇は靖国神社を参拝すべきだと主張した」(中国国営新華社通信)……。

 麻生氏にはそこまで言ったつもりはないのかもしれない。だが、外相が天皇の参拝の問題まで持ち出した事実は重い。

 いま、天皇による参拝の可能性が国内でも国際的にも注目を集めているわけではない。深刻な外交問題になっているのは首相の参拝であり、その収拾策こそが外相に求められている。

 首相の参拝中止を求めている中国について「たばこを吸うなと言われたら吸いたくなるのと同じ」と批判したのもいかがなものか。煙で迷惑をかけていたら、吸わないのが礼儀だろう。

 問題をさらに広げるかのような発言は不見識のそしりを免れない。どこか言葉のうえで、もてあそんでいるような風情すら感じさせる。

 事実関係からみても、麻生氏の発言には理解できない部分がある。

 昭和天皇は戦後8回靖国神社に参拝したが、75年11月を最後に参拝をやめた。戦争の指導者だったA級戦犯が78年に合祀(ごうし)された後は一度も参拝していない。

 天皇が参拝しない理由はなにか。麻生氏が「公人、私人の話」と述べたのは、75年8月に参拝した三木首相が「私的参拝」と位置づけたことを指すようだ。

 参拝支持派の一部はこのため「公的、私的の区別がない天皇は参拝できなくなった」と主張している。A級戦犯の合祀が障害なのではないと言いたいのだ。

 だが、この主張は筋が通らない。三木氏の参拝の3カ月後に天皇が最後の参拝をしたことの説明がつかないからだ。外相はどんな根拠があって天皇の真意について発言したのか、説明を求めたい。

 秋の自民党総裁選に意欲を示す麻生氏は、小泉路線の継承者という立場を打ち出そうとしているようだ。靖国神社をめぐる発言には、党内の右派の支持を集める思惑もあるのかもしれない。

 だが、外交の責任者という立場を忘れてもらっては困る。麻生氏は改めて自らの真意について丁寧に語るべきだ。
(2006年01月31日 朝日社説)

 バカだからアカくなるのか、それともアカく染まるとバカになるのか、現代社会に残る最大の謎の一つと言っても過言ではないかも知れません。

 釣れるであろうことは間違いないと思ってはいましたが、「天声人語」ではなく「社説」を使ってのご批判とは、哀れな程の必死さが伝わってきて、涙が出そうになってきます(笑いすぎて)。

 「靖国参拝に関する最大の障壁は、朝日新聞という中共工作機関である」とはっきり言われなかっただけ、有難いと思えない朝日新聞記者の知的レベルの低さが、さらに涙を誘います。

 さらに、今回の朝日社説における主張を見て行きますと、陛下のご参拝はA級戦犯の合祀されている為に出来ないと言いたいようなのですが、最後のご参拝は昭和50年11月なのですが、A級戦犯が合祀されたのは昭和53年ですので、これは関係ないと言った方が論理的に筋が通っていると思うのですが、朝日記者の方々は難聴にでも侵されているらしく、何度説明しても理解が出来ないようです。

 麻生外相の「公人、私人の話」という一節に関しても、一度文章にしてみないと理解出来ないという「ど低脳」ぶりが、我々一般人の涙をさらに誘います。

 三木元首相の「私的参拝」発言が昭和50年8月で、その3ヶ月後に昭和天皇がご参拝されているから、「公人、私人の話」は陛下のご参拝に関係はないと言いたいようなのですが、三木元首相の「私的参拝」後に、一度ご参拝をなされたが、マスコミ(主に朝日)が喧しく騒ぎ立てたためにご参拝されにくくなったと考える方が、どう考えても筋が通るというものだと思うのですが、「中共の犬」である朝日新聞には、よく理解出来ないようです。

 靖国神社にイチャモンをつけないと、中国共産党に怒鳴り散らされるということは分かりますが、もう少しくらい論理的に筋の通った文章に仕立てないと、阿呆が露見してしまうという哀れな結果にしか結びつきませんので、この問題に関してはスルーを決め込むか、もう少し「知識」と「文章力」のある記者を雇われるかした方が良いと思うのですが、アカに頭の良い人間など存在しない為、どうしようもないというのが現実といった所でしょうか。

 しかし、朝日社説から言葉を借りて言わせていただくならば、「マスコミという立場を忘れてもらっては困る。朝日は改めて、自らが中共及び総連の犬であるという事について丁寧に語るべきだ。」

 さらに付け加えさせていただければ、「その上で、日本国民に真摯に謝罪し、早々に日本国を離れ、飼い主である中国共産党の下へ帰るべきである。」という言葉を以って今回は締めくくらせていただきます。

人気blogランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

「朝日」ともあろうものが。
烏賀陽 弘道
徳間書店 (2005/10/22)


  
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
こんばんは、TB有難うございました。

>バカだからアカくなるのか、それともアカく染まるとバカになるのか、現代社会に残る最大の謎の一つと言っても過言ではないかも知れません。
本当に“謎”ですね(笑)。“アカウィルス”に感染する者としない者がいますが、免疫は関係ないようで発症要因は何なんでしょうか(笑)?
「朝日らしさ」満載の社説は、想定内で笑えますが、いつ読んでも人を不愉快にさせる文才(?)だけはお持ちのようです。
陛下の靖国お参拝についての浪人さんのお話は本当にその通りなのですが、真っ赤な脳みそでは理解不能のようです。
2006/01/31(火) | URL | ハハサウルス #-[ 編集]
こんばんわ、ハハサウルスさん。

>“アカウィルス”に感染する者としない者がいますが、免疫は関係ないようで発症要因は何なんでしょうか(笑)?

恐らく、「自分達は非常に優秀である」→「にも関わらず、自分達よりも成功し、地位や名誉を得ている人間がいる」→「そんなことは許されない」→「革命だ」とかいう歪んだ自分勝手な思考回路が、発祥の原因ではないかと考えられます(笑)。

発祥初期段階の患者ならば、社民党、共産党の過去の悪事を教えてあげたり、共産党綱領を見せて、いかに危険な団体かを説明することで、この危険な精神病から救い出すことも可能ですから、近くに汚染されかかっている人がいたら、これらの療法でもって治癒していく事が、“アカウィルス”撲滅への一番の近道なのかも知れません。
2006/01/31(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
あっそうか。。。彼にはこの位の駄洒落で十分でしょ(笑) 親父ギャク、失礼しました。。。
2006/02/01(水) | URL | 神 新二 #foglHflk[ 編集]
こんばんは、神さん。
2006/02/01(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
おはようございます。

“アカウィルス”の発症原因と初期治療法、納得いたしました。ほ~んとそうですね。とても危険なウィルスですが完全に撲滅するのは至難の業なのが厄介です。
2006/02/01(水) | URL | ハハサウルス #-[ 編集]
>ハハサウルスさん

世界で唯一、完全な思想の自由が保護されている我が国では、彼らを撲滅させるのは至難の業と言わざるを得ないでしょうね。

出来る限りアカの危険性を訴えかけて、感染者を減らしていくことが、唯一の有効な手段だと思われます。
2006/02/01(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/94-61fa1ed4
 先日の麻生発言を受けて、海外から中国と韓国、日本からは社民党の福島党首が反応を見せました。どの反応をみても感情的で麻生外相の『靖国には天皇陛下が参拝なさるのが一番』とい
皆様、朝っぱらから中韓の犬が吠えております。 うるさい番犬ですね。 麻生発言 天
2006/02/01(水) | 臥竜窟より愛を込めて