FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 奪われる日本

奪われる日本
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 サヨク団体や在日という連中は、よく「公平な社会」という謳い文句を掲げ活動している訳ですが、真に「公平な社会」などは絵空事であるとしても、ある程度の「公平な社会」を実現するのに絶対的に必要な事は、「ごね得」というものを許さない事だと言えます。

 「ごね得」というのは、要するに、理不尽な要求をしつこく大きな声で喚き散らした方が良い結果を勝ち取るという事であり、それは、「公平な結果」から最も遠いものだと言えるからです。

 さて、それでは、そんな在日が勝ち取った結果は、果たして「公平な社会」という理念から見て、一体どうなのでしょうか。
京都・宇治のウトロ地区 5億円で住民に半分売却へ

 戦時中に飛行場建設に携わった在日韓国・朝鮮人らが住んできたが、立ち退きを迫られていた京都府宇治市のウトロ地区で、土地を所有する不動産会社「西日本殖産」(大阪市北区)が、ほぼ半分の土地約3200坪(約1万500平方メートル)を住民側へ5億円で売却することで合意した。韓国の支援団体によると、韓国政府も支援に前向きという。約20年にわたる紛争は、いつ立ち退きの強制執行をされてもおかしくない状況だった住民らが住み続けられる形で、決着へ動き出した。

 合意は9月29日付。西日本殖産の代表者や弁護士らが韓国へ出向き、住民を支援する韓国の約40団体でつくる「ウトロ国際対策会議」と合意書を交わした。住民代表も立ち会った。西日本殖産は合意に基づき、住民らが近く設立する組織(中間法人)へ5億円で売却する方針で、地区内のどこを売却するかなどを今後協議していく。残る土地についても合意では、協議の間は第三者への売却や立ち退きの強制執行はせず、住民が公営住宅建設を求めている京都府や宇治市の対応を見守るとしている。

 ウトロ地区は戦時中の国策会社から土地を引き継いだ日産車体が個人に売却し、その後、西日本殖産が取得した。同社は89年、「不法占拠だ」として住民たちに土地の明け渡しを求めて京都地裁に提訴。住民側は歴史的経緯への配慮や、20年以上暮らしたことでの民法上の「時効取得」を訴えたが、00年に最高裁で敗訴が確定した。

 ウトロ町内会は昨年5月、土地を一括して買い取る方針を決定。同社と交渉を重ねてきたが、住民だけでは合意するだけの資金が用意できなかった。韓国で約6000万円の募金を集めていた同会議が交渉期限の9月から、交渉に加わった。同会議は韓国政府にも支援を要請。同政府も前向きの姿勢を示したとして、西日本殖産は合意に応じた。

 同会議のペ・ジウォンさんは「当面の立ち退きを回避し、解決への道筋を一歩前へ進めることができた。韓国政府の支援実現へ気を抜かずに頑張りたい」と話した。

 西日本殖産は「今は詳細を話せない」としている。

(2007年10月07日 朝日新聞)

 3200坪で5億円という事は、単純計算して1坪がたったの15万円程という事です。

 まあ、尤も、この「西日本殖産」という会社も韓国人の企業であり、出来レースである可能性も十分にあり得る事ではありますが、法治国家っである筈の日本で、不法に土地を占拠して、訳の分からない駄々を捏ねて立ち退きを拒否し続けた挙句、通常の何分の一かの価格で不法占拠していた土地を買い取る事が可能になるなど、理不尽極まりない事だと言えるものです。

 邪知ですが、この5億円で買った土地を、そのまま、市場の通常の価格で誰かに売り払えば、どんなに安く見積もっても金は2倍になって戻って来て、その売った金の半分を「西日本殖産」に返却する密約を立てていたとしても、連中の手元には5億円が残る事となります。

 このウトロ地区について、過去に中央日報が詳しく記事にしているので引用します。
日本最後の徴用韓国人集落「ウトロ」に強制退去の危機

今月25日午後。京都市から電車で約20分の距離にある京都府宇治市ウトロ51番地。 赤スプレーで「強制退去決死反対」「『反戦記念碑』ウトロを消すのは在日韓国人の歴史を消すことだ」などと書かれた立て看板が、地区の入口に所狭しと並べられていた。 地区内の空き家は廃虚のように物寂しく、狭い路地には建築廃材が積まれていた。

幅約100メートル、長さ約300メートルで、広さ約6000坪の地区内には、現在も65世帯203人が生計を立てている。 住人は全員在日韓国・朝鮮人であり、そのためここは「日本最後の徴用韓国人村」とも呼ばれる。 ウトロ地区の起源は、1941年に京都軍事飛行場の建設のため連行されてきた朝鮮人労働者約1300人の建設作業員宿舎に始まる。 彼らは日本軍の徴兵を避けるべく建設業に志願した。 故に強制徴用と同じといえる。

彼らは1945年に飛行場建設が中止になるや、全員失業者に転落した。 わずかばかりの日当もやがて支給されなくなり、日本政府からの生活支援金も受けられなかった。 九州北部や南洋諸島で炭鉱員として徴用された朝鮮人もここに流れ着いたが、韓国・朝鮮人差別により就職できず、廃品などを拾って売るという極貧生活を強いられた。 さらに日産車体が土地の不法占拠を理由に水道の設置を妨害したため、88年まで井戸水で生活した。

「半強制的に豚小屋みたいなこの地に連行され、死ぬほど苦労して暮らしてきた。 ところが今になってなぜ『ここから出て行け』と言われなければならないのか。 われわれのどこに間違いがあって裁判で被告扱いされるのか。 来年は終戦60周年、かつ日韓国交正常化40周年らしいが、われわれウトロ住民の痛みは終わらない」。1941年からウトロに住み、父親と夫を飛行場建設現場に送っていたというムン・グヮンジャさん(84)は終始のどを詰まらせていた。

「朝から晩までシャベルで土を掘り続けるほどの重労働はほかにはあるまい。 少しでも手を休めれば、すぐに現場監督からむちが飛んできて…みんな毎晩せんべい布団にくるまってガタガタ震えて寝たよ。 今になって強制退去だなんて、一体どこに行けというんだ」。

26歳だった1942年、故郷の大邱(テグ)から九州福岡の天道炭鉱に連行され、その後この地区に移り住んだチェ・ジュンギュさん(88)は、雨漏りのする屋根を見つめながらため息をついた。

これまでウトロ住民に手を差し伸べてきたのは、日本の市民だった。 89年に「ウトロを守る会」が結成された。 最近、羅鍾一(ナ・ジョンイル)駐日大使が京都府知事に対策を要請した。 日帝の労役に動員された韓国人が、戦後何の補償もされないまま放置されたことを歴史的・人道的な次元で見つめよと要望した。 韓国政府関係者も「具体的な支援方案などを総合的に検討した後、日本政府と接触する計画だ」とし「日本の当該自治体が、社会福祉的・道義的側面から援助するよう促し、韓日の非政府組織(NGO)や在日韓国民団などが活動を推進できるような方案を講じる予定だ」と話した。

早川和男・日本居住福祉学会会長は「ウトロ住民は共同体のおかげで今まで暮らすことができた。これを奪うのは生存権を奪うのと変わらない」とし「ウトロ地区の全土地を行政官庁が買収し、地区の将来建設について住民と相談しながら考えるべきだ」と述べた。 だが、当該自治体の立場は依然として明確でない。 京都府庁の木村学総務次長は「強制退去については心配しているが、民事上の問題であり、まずは所有主と住民の間で解決すべき問題だ」とコメントした。

(2004年11月29日 中央日報)

 南朝鮮らしい歪曲に満ち溢れた素敵な記事で、徴兵を避けるべく建設業に志願し、「1941年」から居住している、故に「強制連行」と同義、だなどと書いていますが、徴兵は1944年から、官斡旋ですら1942年からです。

 こうして、全てを嘘と歪曲で塗り固め、不法占拠を続けた挙句、この寄生虫どもは格安の価格で土地を手に入れる事に成功しました。

 基本的には、上記した通りこの「西日本殖産」なる会社も韓国人の企業であり、在日どもの薄汚い内輪揉めに過ぎない訳ではありますが、これ以上、このような腐れた争いを我が国で繰り広げさせるのは、絶対に許されない事だと言えます。

 結論としては、この屑どものグダグダは最早どうでも良いとして、これ以上、この事件、或いは同種の事件が再び起こったりしないよう、全ての問題の元凶である「在日」を、政府は早急に送り返すべきだと言えます。

 既に、在日が「特別永住許可」なる理不尽な許可を得ている根拠も、南北が半ば和解した事により消滅したと言っても過言ではありません。

さよなら在日

 日本は日本人の為の国であり、朝鮮人が金の為の薄汚い抗争を繰り返す為の場所ではないし、これから先も、決してそのような場所にしてはならないと言えます。

 政府の早急な英断を望みます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』 (別冊宝島)
野村 旗守 宮島 理 李策 呉 智英 浅川 晃広
宝島社 (2006/05/23)
売り上げランキング: 8028
おすすめ度の平均: 4.0
5 必読
1 公正?
5 日本敗戦直後、列島は内乱状態と化した・・・

在日の地図 ~大韓棄民国物語
山野 車輪
海王社 (2006/10/24)
売り上げランキング: 42920
おすすめ度の平均: 4.0
5 在日特権
3 2003年、私たちは「済州島四・三事件」55周年を迎えます。
5 根無し草の在日朝鮮人


PR情報
今なら無料体験版30日使い放題!No.1会計ソフト「弥生会計」
▽【注目】 モデルルームオープン情報
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
私は何よりも韓国に40もある支援団体に恐怖を感じます。

北の工作機関が絡んで、間接侵略を仕掛けていると見るべきでしょうね。朝鮮人はアメリカや中国ほど力が無いので、地方自治体を狙っているというわけです。
2007/10/08(月) | URL | ろろ #evQv2fz6[ 編集]
>北の工作機関が絡んで、間接侵略を仕掛けていると見るべきでしょうね。

総連と民団は、トップクラスのところでは一体でしょうから、その可能性は大ですね。

何とかしたいところですが、これに関しては小沢民主席も亀井氏も余りアテにはならないところ、二重三重に痛いです。
2007/10/08(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
日本は幸せな事に今まで異民族の直接的支配を経験していないので外国人や異民族に寛容すぎる。在日チョーセン塵は異民族であり犯罪率一番の害塵だ。そんなヤツラが100万塵も日本に住み着き、893の3割はコイツラ寄生虫だということだ--893なら当然銃火器の類で武装してるだろう、銃を使った犯罪も毎週のように起こっている--私がここで問題にしたいのは一般市民からは徹底的に銃を取り締まりながら893にたいしては取り締まりが大甘ではないか?という事だ。結論はこうだ、違法犯罪者?のチョンは銃で武装しており遵法善良日本国民は丸腰だという事だ--私の結論の持ってき方は極端でしょうか?でもチョン犯島で何か事が起こり日本国内の武装チョーセン塵が連動して反乱を起こさないという保障はない以上、ヤツラを一刻も早く日本からたたき出さなければならない。人気小説家の皆さんにお願い--ハレタ惚れたもいいけど祖国が異民族に乗っ取られるとどんなに悲惨な目に遭うかというような現実味のある話も書いてください--お人好しの日本人が少しでも外国並みの危機感を持てるように。
2007/10/08(月) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
>でもチョン犯島で何か事が起こり日本国内の武装チョーセン塵が連動して反乱を起こさないという保障はない以上、ヤツラを一刻も早く日本からたたき出さなければならない。

同感です。

保障がない、というか、確実に何かやらかすと思います。

今でさえ、散々に悪さを為出かしている訳ですから。
2007/10/09(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/949-7d62135b