FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 福田康夫の拉致問題

福田康夫の拉致問題
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 福田康夫と言えば、総裁選にあたって「私の手で拉致解決」と啖呵を切ったにも関わらず、就任するや否や「あれは意気込み」などとヘタレた事を曰い、「所詮はヤスオか」と国民を呆れさせた事で有名な能無し宰相な訳ですが、そんなヤスオが、またぞろ、拉致について言及している模様です。
福田首相、拉致問題早期解決に意欲

【10月15日 AFP】福田康夫(Yasuo Fukuda)首相は15日の参議院予算委員会で、北朝鮮拉致問題の早期解決を目指す意向を示した。北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議が進展をみせ、前日には日朝間の非公式協議が行われるなど、2国間の緊張関係に変化がみられるなかでの発言となった。

 福田首相は拉致問題は「できるだけ早い機会に」解決したいと述べ、日朝間の真剣な話し合いのなかで解決されるべきだとの見解を示した。

 また拉致や核開発、ミサイル問題が解決しない限り、周辺地域の安定も北朝鮮の発展もないと強調したうえで、6か国協議などを通じてこれらの問題に真摯に取り組む姿勢を強調した。ただし6か国協議については、拉致被害者の長期にわたる苦しみに言及し、交渉に時間をかけすぎることはできないとの見解を示した。(c)AFP

(2007年10月15日 AFP)

 まあ、こんな嘘に騙される単純脳は居ないとは思いますが、皇居周りの土地を外資に進んで売り渡す逆賊、都市再生本部の本部長を「保守期待の星」だの「保守の防波堤」などと未だに言っている白痴が時折見られますので、不安を感じるところではあります。

 言うまでもありませんが、この男の目的は、拉致解決の方では無く、「国交正常化」の方です。
日朝が非公式協議・正常化部会、年内開催へ調整

 日本と北朝鮮の国交正常化交渉の実務担当者が13日、非公式協議のために中国の瀋陽に入った。6カ国協議の一環で開く国交正常化作業部会の次回会合の年内開催に向け、日程や議題などを詰めるとみられる。日朝対話を重視する福田政権の発足を受け、北朝鮮の金正日総書記は日本政府の出方を見守る姿勢を示しており、日本人拉致問題の解決へどこまで話を進められるかが焦点となる。

 6カ国協議でない場で日朝協議の実務者が正常化交渉を目的に接触するのは福田政権になって初めて。瀋陽入りしたのは外務省の山田重夫北東アジア課長、宋日昊(ソン・イルホ)朝日国交正常化交渉担当大使らだ。いつまで協議するかなどの日程は分かっていない。

(2007年10月14日 日経新聞)

 まあ、別に今始まった事でもありませんが、そもそも、「拉致解決無くして国交正常化無し」という言葉と、その拉致が解決の目処が付くどころか、北の豚将軍が「拉致被害者もういない」と言っているにも関わらず、「国交正常化」を目指す事が前提である「作業部会」が開かれている、という事自体が大きな矛盾だと言えるものです。

 記事中に「日本人拉致問題の解決へどこまで話を進められるかが焦点となる」とありますが、結局、この連中は、国民感情を刺激しないように「拉致解決無くして国交正常化無し」などと口にしてはいるものの、アメ公と豚キムチと共に、落し所を探っているだけ、というのが本当のところでしょう。

 何しろ、平壌宣言によれば、国交正常化にあたっては、それこそ何千億、何兆という金が動く事が予測されます。
日朝平壌宣言

2.日本側は、過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した。
 双方は、日本側が朝鮮民主主義人民共和国側に対して、国交正常化の後、双方が適切と考える期間にわたり、無償資金協力、低金利の長期借款供与及び国際機関を通じた人道主義的支援等の経済協力を実施し、また、民間経済活動を支援する見地から国際協力銀行等による融資、信用供与等が実施されることが、この宣言の精神に合致するとの基本認識の下、国交正常化交渉において、経済協力の具体的な規模と内容を誠実に協議することとした。
 双方は、国交正常化を実現するにあたっては、1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則に従い、国交正常化交渉においてこれを具体的に協議することとした。
 双方は、在日朝鮮人の地位に関する問題及び文化財の問題については、国交正常化交渉において誠実に協議することとした。

(外務省ホームページより)

 そして、この小泉がした国辱的な勝手な契約を、その後継者である「皇居の周辺の土地を進んで外資に売り捌く」という不可思議な「保守の防波堤」殿が、国際社会の見守る中で、履行すべき義務にまで格上げしてくれました。
共同声明の実施のための初期段階の措置

II. 六者は、初期の段階において、次の措置を並行してとることで一致した。

1.朝鮮民主主義人民共和国は、寧辺の核施設(再処理施設を含む。)について、それらを最終的に放棄することを目的として活動の停止及び封印を行うとともに、IAEAと朝鮮民主主義人民共和国との間の合意に従いすべての必要な監視及び検証を行うために、IAEA要員の復帰を求める。

2.朝鮮民主主義人民共和国は、共同声明に従って放棄されるところの、共同声明にいうすべての核計画(使用済燃料棒から抽出されたプルトニウムを含む。)の一覧表について、五者と協議する。

3.朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国は、未解決の二者間の問題を解決し、完全な外交関係を目指すための二者間の協議を開始する。アメリカ合衆国は、朝鮮民主主義人民共和国のテロ支援国家指定を解除する作業を開始するとともに、朝鮮民主主義人民共和国に対する対敵通商法の適用を終了する作業を進める。

4.朝鮮民主主義人民共和国と日本国は、平壌宣言に従って、不幸な過去を清算し懸案事項を解決することを基礎として、国交を正常化するための措置をとるため、二者間の協議を開始する。

5.六者は、2005年9月19日の共同声明のセクション1及び3を想起し、朝鮮民主主義人民共和国に対する経済、エネルギー及び人道支援について協力することで一致した。この点に関し、六者は、初期の段階における朝鮮民主主義人民共和国に対する緊急エネルギー支援の提供について一致した。5万トンの重油に相当する緊急エネルギー支援の最初の輸送は、今後60日以内に開始される。

 六者は、上記の初期段階の措置が今後60日以内に実施されること及びこの目標に向かって調整された措置をとることで一致した。

(外務省ホームページより)

 そして、誰しもが既に気付いている事ではありますが、米国は、北朝鮮との関係改善を完全に焦っていると言えます。

 少なくとも、「関係正常化」が規定の路線となった事だけは間違いないでしょう。

 その中で、天領扱いである日本が、米国にとっては「どうでもいい事」である「拉致問題」に拘り、国交正常化を遅らせるというのは米朝2者にとっては途轍もなく不愉快極まりない出来事な訳ですが、連中が拘っているのは、それよりも、この際に動く金であると言えます。

 困窮極まっていると言える北朝鮮が、日本の金を喉から手が出る程に欲しがっているのは言わずもがなですが、米国からしても、日本の金があれば関係を正常化したところで自国は殆ど負担をしなくて良くなるし、加えて、日本からの金の流れをコントロールする事により、ある程度は北朝鮮を懐柔、コントロール出来ると踏んでいるのかもしれません。

 そして、福田康夫、及び清和会の連中からすれば、ここで生まれる金の流れの中に、新たなる利権構造を生み出し、その利で肥え太ろうという目論みがあるのでしょう。

 日韓・日中の正常化に際して、無数の利権が生まれた事を踏まえれば、連中がそんな下衆な事を考えるのは至極当然の流れだと言えるものです。

 その上、米国様の意に沿って行動するのですから、ポチとしての忠誠心を示す事にも繋がり、まさしく一石二鳥というものです。

 条件に関しては、小泉が作成し、それを安倍が国際社会に承認して貰ったのですから、後は細かい微調整や金額の相談をするだけで、然程に難しい仕事は残っていません。

 国民から怒りの声が上がったとしても、「これは小泉さんと安倍さんが、北朝鮮と、そして国際社会と約束したものだ」と言えば、少なくとも、福田康夫が過剰に攻撃される事は避ける事が出来ます。

 それにまあ、未だに「小泉を再任させろ」だの、「安倍さんは真性保守」だのと、基地の外な事を言っているバカウヨが、率先して庇ってくれるでしょうしね。

 ま、こうして、清和会というチンピラ似非ウヨク集団の、小泉・安倍・福田の3代の首相によって、日本の国富が無意味に北朝鮮に流れるという構造は完成しつつあるという事です。

 おめでとう、クソバカネットウヨクの諸君。

 これが、深く考えもせずに小泉や安倍の口先だけの愛国を称賛し、マンセーし続けた成果です。

 そんな、他国の首相を暗殺して、結果的に祖国の消滅を早めた某半島の基地外テロリストと同レベルのキミタチには、安重根賞を差し上げたい気持ちで一杯です。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

小泉純一郎と日本の病理 Koizumi's Zombie Politics (光文社ペーパーバックス)
藤原 肇
光文社 (2005/10/21)
売り上げランキング: 109062
おすすめ度の平均: 4.0
4 大変興味深い。
5 先見性に富んだ現代政治の本質を論じた良書
5 日本の現代史を知る上での指南書

安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介
宮崎 学 近代の深層研究会
同時代社 (2006/09)
売り上げランキング: 241740


PR情報
【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
右寄りの方々の大半は売国奴といえば支那、朝鮮というイメージをお持ちの人が多いように思います。
だからアメ公に対してはあまり突っ込まれることがないのでしょうね…


嗚呼…あのヒルとかいうオッサンはよ死んでくれんかな…
2007/10/16(火) | URL | 二宮神社 #tHX44QXM[ 編集]
日朝平壌宣言読めば読むほど血圧が上がります。中国利権で潤った田中角栄周辺のおいしい話が頭から離れない欲望のコレステロールの塊連中は早く国交正常化したくてたまらんのでしょうね。っち、迷惑な話だ。
非公式協議の際、随分前の水害の支援をする約束をしたとどこかで聞きかじったのですが、それを餌にまた話合いのテーブルについてもらって体裁を整えるという旧態のやり方でしょうか・・・。
結局鞭なく飴ばかり未来永劫与え続けるおつもり???
誰か大金持ちが外国の特殊部隊を雇って北から拉致被害者を奪還するような支援をしてくれないだろうか・・。
日本人は大人しすぎますね。直情型には違和感があるし耐え忍ぶということがまだ国民性として残っているのか怒りの表し方を知らないのかも。中共や半島、アメリカに一切口答えしない日本。NOとはっきり大きな声で威厳をもって言えるリーダーがほしいです。
不敬ながら最近ヒットラーが本当にある特定民族を絶滅させたかったのだとしたらなんだかその気持ちがものすごくわかるような気がしています。彼がもし単なる恨みではなくその先の不幸な未来を予想できたんだとしたら・・・
2007/10/16(火) | URL | ろびんそん #P0/eB2wY[ 編集]
否応なしの日朝国交正常化の暁には、北鮮の開発に罪壊塵どもは狂喜し、中共の東北工程とのバッティングで極東の火薬庫と化しそうな勢いです。
思うに、罪壊塵のネオ大東亜共栄圏構想ではないのかと…権益保全などとバカな脳ミソ使わなければいいんですけどね。
2007/10/16(火) | URL | はやぶさ #-[ 編集]
>右寄りの方々の大半は売国奴といえば支那、朝鮮というイメージをお持ちの人が多いように思います。

物事がそんなに単純で、米国が本当に日本の味方ならば、そんなに楽な話は無いんですけどね。

結局、自分達が散々罵倒している、「支那に何も言えないサヨク」と同じ穴の貉と化している事に、何故に気付けないんでしょうかねぇ。
2007/10/16(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>日本人は大人しすぎますね。直情型には違和感があるし耐え忍ぶということがまだ国民性として残っているのか怒りの表し方を知らないのかも。

で、溜め過ぎて爆発すると、大東亜みたいになっていまう、と。

まあ、美徳ではあるんですけど、もう少しは、爆発する前にきっちりと怒りを叩き付ける方法を学ばないと、流石に不味いですね。

>彼がもし単なる恨みではなくその先の不幸な未来を予想できたんだとしたら・・・

どうなんでしょうかねぇ。

ま、真相は闇の中、ですね。

どっちにしても、ホロコーストなんかを肯定する訳にもいきませんしね。
2007/10/16(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>北鮮の開発に罪壊塵どもは狂喜し、中共の東北工程とのバッティングで極東の火薬庫と化しそうな勢いです。

そして、満州が必要となり、財怪塵どもは挙って東北に進出し、狂惨党は狂喜乱舞、反対に支那人民は反日感情を募らせ、特亜系外国人の犯罪は更に凶悪化していくにも関わらず、財怪塵の意図によって渡航者は数を増やしていく、と。

「いつか来た道」よりも悪化しているような気が・・・

>罪壊塵のネオ大東亜共栄圏構想

ですね。

本当に、どうしようもなく迷惑な連中です。
2007/10/16(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/961-e17aeb28
   ||| ユーラシア大連邦と世界大戦の妄想 |||ロシア・イラン・中国のユーラシアユニオン対 NATO拡大軍のグローバルな第三次世界大戦はすでに始まっているイスラエル、アルメニア、トルコ、クルド、イラン、リビア、ソマリア、ダルフール、ミャンマー、東トルキスタン
2007/10/17(水) | 米流時評