FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ皇室 → 仁親王殿下のNYTインタビュー記事和訳(全文)

仁親王殿下のNYTインタビュー記事和訳(全文)
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

原文のページ:
1ページ目
2ページ目

A Font of Commentary Amid Japan’s Taciturn Royals

TOKYO

NEVER tight-lipped about his recurring battle with cancer, he still surprised many Japanese by admitting that he was an alcoholic and checking himself into rehab over the summer. Family problems, he explained.
彼は、癌の再発との戦いにも決して口を閉ざさず、自身がアルコール依存症であり、夏の間、自制、リハビリテーションに励んでいた事も認め、多くの日本人を驚かせている。家族問題、と彼は説明した。

The inevitable strain of a quarter-century marriage, a cousin’s cryptic comments, existential questions about the nature of family and life itself, all of this, he said openly, had contributed to his heavier-than-usual drinking.
四半世紀の結婚生活、一族に対する陰性のコメント、家族と人生の本質に関わる実存的な問題、これのすべての避けられない家系は深酒に寄与した、と彼は語る

The family in question is none other than Japan’s imperial family, and the recovering patient is Prince Tomohito of Mikasa, a first cousin of Emperor Akihito. The family’s other members are only seen, if they are seen at all, waving at some official event. But this prince has never shied away from offering his personal opinions on everything from preserving the throne’s unbroken male line -even, he wrote mischievously two years ago, by reviving the concubine system- to the private burdens of royalty.
問題の家族とは他でもない日本の皇室の事だ。そして、回復中の病人は三笠宮仁親王、明仁天皇の近親だ。他の皇族は、若干のイベントにおいて手を振っているのを見る事が出来るだけだ。しかし、この皇子は、男系による王座を途切れさせない為、これらに関する意見を提供する事を、決して避けはして来なかった-2年前、妾のシステムを復活させる事を書きさえした。皇族としての義務として。

“It’s not only the past one or two years,” the prince said of the stress behind his alcoholism. “As long as I can remember, the imperial family’s been like one big ball of stress.”
「それは、1年2年の過去の話ではありません」と、アルコール中毒の後ろにあるストレスについて語った。「私が思い出す限り、皇族はストレス製の1つの巨大な球体のようでした」

On a recent afternoon, Prince Tomohito, 61, known as the “bearded prince” for his goatee and mustache, appeared in good spirits at his residence in the Akasaka Estate, the sprawling walled-off, wooded grounds in central Tokyo that is home to most of the imperial family’s 23 members.
夕刻、山羊鬚と口髭の為に「髭の殿下」として知られている仁親王は、赤坂御用地(皇族の大部分、23人の家である東京の中心部、不規則に広り壁で仕切られた、樹木が茂った敷地)の彼の住居に上機嫌で現れた。

A beige jacket hung loosely on the prince, still well underweight because of his various illnesses. He wore dark blue slippers that appeared to be the only concession to Japanese custom in a Western-style reception room dominated by a grand piano and chandeliers. Having studied for two years at Oxford, he sometimes sprinkled his Japanese with English words.
ベージュのジャケットは、ゆるく、彼の病気による体重不足の体に掛かっていた。彼は、グランドピアノとシャンデリアによって支配された洋風応接室の、日本の習慣への唯一の譲歩であるように見えた濃紺のスリッパを履いていた。2年間、オックスフォードで研究をしていた彼は、日本語の中に時折、英単語を織り交ぜた。

The prince has been in and out of the hospital since he was found to have throat cancer some 16 years ago, and last year he underwent his eighth operation for cancer. In a society where people remain reluctant to disclose their illnesses, the prince said he saw “no meaning in hiding” his cancer and even wrote a book about it.
彼は、凡そ16年前。咽喉癌を患っているのが分かって以来、ずっと入退院を繰り返している。そして、昨年、彼は8度目の癌の手術を受けた。彼らの病気に気を重くする人々が残る社会で、彼は「隠している理由はない」として、それについての本を出版した。

“Our family’s DNA is highly susceptible to cancer,” the prince said. “In two generations, six of us have already been afflicted with it. So I had always wondered when my turn would come.”
「我々の家族のDNAはがんに大いに影響されやすい」、と親王が言った。「2世代に、6人が既にそれに悩まされた。私は常に私の順番がいつ来るであろうかと思っていました。」

Still, the prince attributed his recurring cancer to stress, the same kind of stress that, he has said publicly, first led to his overdrinking in his 30s and aggravated it in the last couple of years.
しかし、親王は繰り返される癌の原因はストレスであると考え、同じくストレスによって30代の頃に飲み過ぎ、この1~2年でそれを悪化させたと強調した。

The prince, who has two daughters with his wife, Princess Nobuko, cited difficulties at home. “Things became messed up inside our home,” he said, adding, “When you’ve been together for 26 years, well, you know.”
妻である信子王女、二人の娘を持つ皇子は、家庭での困難を引き合いにだした。「我々の家庭はまるで台無しにされたような事態となっています」「26年間一緒にいます」

Problems in the extended family also affected him deeply.
大家族の問題も、深く彼に影響を及ぼした。

“There are all sorts of problems now inside the imperial family,” he said. “For example, I threw myself into the whirl surrounding the crown prince’s comments about personality denial.”
「今、皇室の中にはあらゆる種類の問題があります」と彼が言う。「例えば、皇太子殿下の人格否定という発言による騒動に、意見を投げ掛けました」

The prince was referring to an extraordinarily emotional news conference given three years ago by Crown Prince Naruhito about his wife, Princess Masako, the Harvard-educated former diplomat who has long suffered from depression and rarely appears in public. It is believed that her illness stems from the intense pressure she felt to bear a male heir to the throne ? pressure that was relieved last year with the birth of a son to the crown prince’s younger brother and his wife.
親王は、3年前、滅多と姿を現さないハーバードの教育を受けた元外交官である雅子妃殿下について、成仁皇太子が異常に感情的な記者会見をした事について言及する。彼女の病は、皇統を継ぐ男子出産への激しいプレッシャーから生じるものであり、昨年の彼の弟夫婦による男子の出生で軽減されたと考えられる。

“There has been a move to deny Masako’s career and personality,” the crown prince said, in comments that seemed to put an individual’s happiness on par with, if not above, the imperial family itself, comments that were endlessly scrutinized for their exact meaning and intended audience.
「雅子の履歴と人格を否定する動きがありました」と皇太子は発言した。皇室か皇室自身の上に個人の幸福を置くように思えた発言であり、際限なく、注意深く、細かく意図された会見での発言だ。

Prince Tomohito said he wrote the crown prince a long letter asking for further explanation.
仁親王は、更なる釈明を求めて皇太子に長い手紙を書いたと言った。

“If he had responded,” Prince Tomohito said, “I think we could have made some progress. But there was only a reply thanking me for my invaluable opinion.”
「もし彼が返答していたなら、若干の進展を成し遂げることができたはずであると思います。しかし、非常に貴重な意見について私に感謝する、という回答しかありませんでした」

 続き、2ページ目は追記にて。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

PRINCE TOMOHITO was born four days after the Emperor Hirohito renounced his divinity on New Year’s Day in 1946. A year later, the Imperial Household Law of 1947, imposed during the American occupation, abolished 11 other branches of the imperial family, thereby shrinking the pool of male heirs to the Chrysanthemum Throne.

裕仁天皇が1946年の元日に神性を放棄した4日後、仁親王は生まれた。1年後、米国の占領の間に課された1947年の皇室典範は、皇室の11の宮家を廃止し、皇位の後継者の要員を縮小した。

The prince describes growing up in a simpler age, riding Tokyo’s Yamanote Line by himself to the Peers School, before bodyguards were assigned to all royals. Compared with the other royals, the prince said with a smile, he was a “delinquent” youth who got into skirmishes with students at a nearby school run by North Koreans.
護衛が全ての皇族に割り当てられる以前、学習院に一人で電車に乗って通うように成長したと説明する。親王は笑いながら、他の皇族と比較すると、朝鮮人学校の近くで学生と一緒に喧嘩を繰り返していた「グレた」若者だったと語る。

“We used to fight with them a lot,” he said. “Whenever they’d spot the Peers School uniforms, they’d come at us.”
「我々よく彼らを敵に喧嘩したものです」と彼は語る。「彼らは、学習院の制服を見ると、何時も我々に向かってきました」

After college the prince took up the kind of active life unknown to this imperial family. He focused his considerable energies on helping the disabled. He led efforts to build facilities for the disabled and even taught some of them to ski.
大学卒業後、親王は、皇室にとって未知な、活き活きとした生活を始める。彼は、かなりのエネルギーを身体障害者を助ける事に集中させた。彼は、身体障害者の為の設備を造る事に努力し、何人かにスキーを教えたりもした。

Like many a postwar Japanese salaryman, the prince found meaning in work.
多くの戦後サラリーマンのように、親王は仕事の目的を見出した。

“I was a workaholic,” he said.
彼は「私はワーカホリックです」と言う。

Perhaps there were nagging doubts, too.
収まり切らぬ疑念もある。

In 1982 the prince, then 36, grabbed headlines when he said he wanted to secede from the imperial family, citing his desire to devote himself to his work. The prince declined to say what lay behind his 1982 wish, perhaps because the passage of a quarter of a century had quelled whatever doubts there were.
1982年、彼が38歳の時、仕事に専念したいと皇室を離脱したいと発言し、ニュースになった。親王は、四半世紀の間にあったどんな疑念も鎮めて来たのだから、と、1982年の願望の背後に何があったのかを語るのを拒否した。

“If you ask me what the imperial family is all about, and I think and think and think about it, the very final conclusion is that our meaning lies in our simply existing,” the prince said, holding a cigarette holder in his left hand, the first of three cigarettes he would smoke in a 100-minute interview.
「もし、あなたが皇室とは何なのか、と訪ねるならば、考えに考え、最終的な結論としては、我々が存在することにある、と思います」と語った。そして、左手でタバコ用のパイプを持った。(彼が100分のインタビューで吸う3本の最初の1本)

The royals, he said, could fulfill their duties simply by “waking up in the morning, eating breakfast, eating lunch, eating dinner, then going to sleep, repeating that 365 days a year.”
彼は、皇族の義務とは「朝起きて朝食をとり、昼食をとって夕食をとり、そして眠る事です」と言う。

ACCORDING to Japanese myth, the first emperor, Jimmu, a descendant of the sun goddess Amaterasu, began his reign 2,667 years ago, though historians trace the start of Japan’s imperial system to the fourth or fifth century. Emperors are said to be descended in an unbroken patrilineal line, with each generation passing on the male Y chromosome to the next.
少数の歴史家は、日本の統治の始まりを4世紀か5世紀と考えるが、日本の神話によれば、最初の天皇である神武、太陽の女神である天照の子孫は、2667年前に彼の治世を始めている。天皇は、完全な父系のラインを伝承していると言われている。

“The Y chromosome resides in my body,” the prince said. “It is the same thing that resided in Emperor Jimmu ? it’s extremely spiritual.”
親王は、「Y染色体は私の身体に存在します」「神武天皇にあったのと同じものです。それは非常に神秘的なものです」と語る。

That is why the unbroken male line must be preserved at all cost, he said. The other imperial branches, abolished during the American occupation, could be restored or adoptions permitted from within those families. And concubines?
彼は、それが全てを対価としてでも男系を維持しなければならない理由だと語った。米国の占領下で廃止された他の皇族は、復帰させるか、または養子とする事を許可する。そして、妾?

“That is a joke,” the prince said, in English, with a twinkle in his eyes.
「That is a joke(それは冗談です)」と、英語で言った。

Would the bearded prince choose to return, in another life, as a royal?
髭の殿下は、もし戻れるなら、違う人生と皇室、どちらを選びますか?

After a five-second silence the prince said with a laugh, “I’ve had enough. I’ve really done all I wanted in 61 years. I’ve broken old conventions.” He then referred to a popular belief in Japan: “I’m blood type B, so I like to try new things.”
5秒の沈黙の後、笑いながら「私は充足しています。私は61年間で望んだ全てをしました。私は、古い因習を破りました」と語った。

The prince then refined his answer, saying that both imperial life and the commoner’s life no doubt had their advantages and disadvantages. “So when you think about who is happier, whether it’s the imperial family or the people,” the prince said, “there is no answer, none.”
次に、彼は日本で通念について言及した:「私は血液型がBなので、新しい事を試みるのが好きです」そして、帝国の人生、庶民の人生の双方には、それぞれ利点と不利があったと語った。「皇室かそうでないかに関わらず、誰が最も幸福だと考えますか?」親王は「答えはありません」と答えた。


(2007年10月20日 New York Times)

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」
竹田 恒泰
小学館 (2005/12)
売り上げランキング: 36779
おすすめ度の平均: 4.0
5 皇室の歴史を考える上でとてもいいヒントを与えてくれる良書
5 今こそ神託に耳を傾けるべき時
5 いと高き者こそ滅ぼされまじ。

現代語訳 古事記 (河出文庫)
福永 武彦
河出書房 (2003/08/05)
売り上げランキング: 34460
おすすめ度の平均: 3.5
2 国つくりの話。
5 古事記の全体像を把握するには最適な1冊
4 楽しい


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。65種類以上の機能を標準搭載。
メールを読んでクリックするだけ!GetMoney!
スポンサーサイト



南京の真実

ブックマークに追加する
古事記は渡来人が編纂したものです。当て字で表記した為に神名が破壊され、勝手に神を作り勝手に子孫に成りすました形跡大です。女陰に機織のひが刺さって死んだとか、丹塗りの矢になって突いたとか表現がとても卑しい発想で卑弥呼と言う当て字と極似。和歌の部分でわ、4文字、6文字を使っている。日本人ではかんがえられないことです。
本当の史書は「ホツマツタエ」です。日本翻訳センターで現代訳を読めます。概略を知るのにおすすめです。原書はホツマ文字なので。しかし読み比べれば古事記の捏造ぶりがよくわかります。歴史学者は皆渡来人の末ではないでしょうか、漢字以前のホツマ文字を消し、古代日本の歴史を消した。
2007/10/25(木) | URL | 鈴音 #-[ 編集]
翻訳お疲れ様でした。NYタイムズが皇室記事を載せるなんて異常事態と思ったらオオニシですか。この記事によると、特に「5秒間の沈黙」など直接インタビューしたような書き方ですが、オオニシ記者は既出のインタビュー記事を英訳したものを元に、恰も自分がインタビューしたかのように孫引き記事を書きますので(そもそも日本語がどれだけ出来るかも疑わしい)、この記事も元ネタを調べてったら面白いかもしれませんね。
2007/10/25(木) | URL | 文太 (Red Fox) #gJtHMeAM[ 編集]
わかったから、そういう話は、そういう話が好きな人のところでしましょうね。
2007/10/25(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>オオニシ記者は既出のインタビュー記事を英訳したものを元に、恰も自分がインタビューしたかのように孫引き記事を書きますので

をを、それは、「アサヒる」に続く流行語、「オオニシる」に出来そうな話ですね。
____________________
オオニシる(ワウニシ-)〔動詞・ラ行5段〕

他人様の仕事を、あたかも自分のした事のように装う事。

類義語:パクる、インスパイヤする
____________________

>この記事も元ネタを調べてったら面白いかもしれませんね。

確かに、面白そうですね。

そういう感じのプンプンする記事の書き方でもありますし。
2007/10/25(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
早速、NYTの三笠宮殿下のインタビュー記事がオオニシノリミツの愛すべき本国である韓国朝鮮日報に掲載されています。

http://www.chosunonline.com/article/20071022000006

いくらなんでも「皇室の存在理由は食べて寝ることの反復」を見出しにもってくるとは。。。彼らの目的が皇室のイメージを著しく貶めることですから、まあこんなもんでしょうけど。
2007/10/25(木) | URL | att #-[ 編集]
まあ、所詮は朝鮮人のチラシですからね。

まだ、「日本の皇族、朝鮮学校と乱闘?差別意識の根源にあるもの」とか題打たないだけ、朝鮮人のチラシにしてはマシな方だと思います。
2007/10/25(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/972-50461d3c
||| クルドPKKの橋梁爆破でトルコ兵12名戦死 |||17日水曜の国会でイラク・クルド地区へのトルコ軍攻撃合法化PKKに対する実質的宣戦布告以来 トルコ兵に初の戦死者12名トルコ・シルナック発 |21日日曜早朝、トルコとイラクの国境近辺で、クルド人独立派ゲリラがトルコ
2007/10/23(火) | 米流時評
旧防衛庁の守屋元事務次官が、防衛利権を食い物にして私腹を肥やしていたことが明るみとなりました。防衛文官のトップがこのようなていたらくでは、現在インド洋で給油・給水活動を行っている自衛隊の士気は、さぞかし下がっていることでしょう。目下議論が進
 前エントリーでは、宜野湾市での抗議集会に関するNYタイムズの記事を使った琉球新報のマッチポンプ逆輸入外圧記事の検証をしたところ、随分と内容が改変されていた訳ですが、今...
2007/10/28(日) | Red Fox
先日、市役所に開設されている地域保健福祉課の窓口で、重い保険料負担に喘ぐ老女の姿を目撃しました。古びたカーディガンを纏った60歳過ぎの一人の女性が、使い古したがま口財布を握り締め、見下したような態度で応接する窓口職員に涙をこらえながら必死に訴えて