FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ年次改革要望書 → 2007年度版「年次改革要望書」、「医療機器と医薬品」部分和訳

2007年度版「年次改革要望書」、「医療機器と医薬品」部分和訳
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 小泉内閣における「カイカクの本丸」が「郵政民営化」ならば、安倍政権、そしてそれを引き継いだ福田政権に対しても、強欲なアメ公は「カイカクの本丸」を与え、実行するよう指示していると考えるのが常道だと言えます。

 それでは、その安倍・福田政権に与えられた「カイカクの本丸」が何なのかと言えば、恐らく、あくまで推測ではありますが、「医療分野」なのではないかと思います。

 根拠の一つとして、こちらを御覧下さい。
TABLE OF CONTENTS
RECOMMENDATION HIGHLIGHTS...3
COMMUNICATIONS...4
INFORMATION TECHNOLOGIES・・・4
MEDICAL DEVICES AND PHARMACEUTICALS...5
FINANCIAL SERVICES...5
COMPETITION POLICY...6
COMMERCIAL LAW AND LEGAL SYSTEMS REFORM...6
TRANSPARENCY...7
OTHER GOVERNMENT PRACTICES...7
PRIVATIZATION...8
DISTRIBUTION...8
ANNEX...ANNEX - 1
COMMUNICATIONS...ANNEX - 2
INFORMATION TECHNOLOGIES...ANNEX - 4
MEDICAL DEVICES AND PHARMACEUTICALS...ANNEX - 9
FINANCIAL SERVICES...ANNEX - 16
COMPETITION POLICY...ANNEX - 20
COMMERCIAL LAW AND LEGAL SYSTEMS REFORM...ANNEX - 26
TRANSPARENCY...ANNEX - 29
OTHER GOVERNMENT PRACTICES...ANNEX - 32
PRIVATIZATION...ANNEX - 36
DISTRIBUTION...ANNEX - 41

 例の、年次改革要望書の目次の部分ですが、殆どの項目が3ページ、ないし4ページ程度であるのに対して、「MEDICAL DEVICES AND PHARMACEUTICALS」、「医療機器と医薬品」の項目だけに、詳論9ページ目から詳論15ページ目まで、合計にして7ページものスペースを割いています。

 また、舛添要一とか言う「劣化版・小泉純一郎」を厚生労働大臣としているのも、そういう意図の下だと考えられます。

 テレビを見ている層を扇動し、社保庁や厚労省の職員を血祭りに上げる事により、カイカクが必要と国民に誤認させる為には、今の自民党では彼奴ほどの適任者はいません。

 前置きが大分長くなりましたが、そういう訳で、取り敢えず「年次改革要望書」の「医療機器と医薬品」の部分を和訳しましたので、上呈します。

 尚、後半になるにつれ、疲れで頭がぶっ飛んで限りなく適当になっていきますが、重要な部分は前半に多いという事でご容赦をw

 続きは追記にて。
郵政民営化凍結バナー郵政民営化凍結バナー郵政民営化凍結バナー

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction)
関岡 英之 イーストプレス特別取材班
イーストプレス (2006/12)
売り上げランキング: 1057
おすすめ度の平均: 4.5
5 現状を知ることが大切。
5 衝撃
5 いい本です

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 12158
おすすめ度の平均: 4.0
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計

MEDICAL DEVICES AND PHARMACEUTICALS(医療機器と医薬品)

I. Changes in Japan’s Healthcare System.(日本の医療制度の改正)

The United States encourages the Government of Japan and its advisory bodies to fully consider input from industry, including U.S. industry, before making healthcare system changes
合衆国は日本政府とその諮問機関に、医療制度変更をする前に、合衆国産業を含めて、産業から意見を十分に考慮に入れるよう奨励する。

II. Medical Device and Pharmaceutical Pricing Reform and Related Issues.(医療機器と製薬価格の設定の再編成に関連した意見)

The United States urges Japan to recognize the long-term benefits of reimbursement pricing that rewards development of innovative medical devices and drugs as it considers the extent of medical spending. The United States also urges Japan to take the following actions:
合衆国は、医療費の支出の範囲を考慮するとき、革新的な医療装置と医薬品の発展に報いる長期の利益、価格設定を認めるよう日本に促す。同様に、日本に次の行動をとるよう促す

A. Pharmaceuticals.(医薬品)

1. Continue to allow U.S. industry participation in healthcare reform discussions with the Japanese Government, such as the Government-Private Sector Dialogue for Innovative Drug Discovery. Seek views of international experts by appointing a representative of the U.S.-research-based drug industry to the Drug Pricing Expert Subcommittee of Chuikyo.
1.革新的な創薬のため、政府-民間の対話部門のような保険医療再編成ディスカッションを続け、合衆国の産業の事業参加を許可する。合衆国の研究を拠点とする製薬工場の代表を中医協の薬物価格設定大家小委員会に任命することにより、国際的な専門家の視点を求める。

2. Abolish re-pricing based on market expansion, which reduces incentives for research on additional indications and impedes access to treatments.
2.市場拡大に基づき、付加的指示に対する調査のために奨励金を減らし、処置に立入りを妨げる再価格設定を撤廃する。

3. Refrain from implementing annual price revisions, which would discourage the introduction of innovative drugs and devices in Japan.
3.革新的な医薬品の導入に水をさす、毎年の価格改定を控える。

4. Provide as an alternative to the current pricing system for new drugs a flexible method that examines data submitted by manufacturers to ensure the full scope of a drug’s innovative value can be evaluated and rewarded.
4.新薬のため、現在の価格設定制度に代わるものとして、医薬品の革新的な価値を柔軟に評価し、それに報いるシステムを提供する。

5. Improve and stabilize economic returns for advanced patented drugs during their patent life or exclusivity period to reflect accurately their level of innovation and the financial risks taken to develop them.
5.それらの特許期間、排他的期間に開発された特許取得済みの医薬品のため、正確にそれらの革新と開発するために冒される財政的な危機レベルを反映させ、収益を改善し、安定させる。

6. Ensure that comparators used in determining reimbursement prices are selected and applied in a way that accounts for an appropriate valuation of innovation. Avoid use of certain comparators that fail to value innovation appropriately.
6.弁済価格を決定するのに使われたコンパレーターが技術革新の適切な評定価格を説明できる方法で選択され、応用されることを保証する。適切な評価が出来ないコンパレーターの使用は避ける

7. Enhance transparency by allowing independent experts to lead discussions with manufacturers on their pricing applications before final discussions with the Drug Pricing Organization.
7.個々の輸出者が、メーカーと薬価算定組織が最終的な議論の前に市場価格を付けること、議論を導くことを許可することにより、透明性を高める。

8. Reform use of the Foreign Price Adjustment (FPA) rule to reward innovation.
技術革新への報酬に、再編成された外国参照価格制度(FPAルール)を使用する。

9. Increase the treatment period for new drugs to 30 days per prescription, in general, and work with industry to develop rules on cases in which drugs are assigned shorter treatment periods.
概して、新薬のための処理期間を1処方箋あたり30日間まで増加させ、より短い期間で薬品を処理できる規則を開発するよう、産業と協議する。

10. Ensure health insurance coverage for medical care and tests that are necessary for the proper use of drugs.
医薬品の適切な使用に必要な治療とテストのため、健康保険適用範囲を保証する。

B. Medical Devices.(医療機器)

1. Work with U.S. industry to modify product category groupings for certain cardiovascular and orthopedic products to more appropriately reflect product differences, and create new functional categories for new devices that have certain improved functions over existing devices.
1.合衆国産業と協議して製品カテゴリーを変更し、心臓血管、整形外科の製品、と、より適切に製品差を反映させ、既存の機器の上に改良された機能を持つ新しい機器のため、新しい機能的なカテゴリを作成する。

2. Eliminate the Foreign Average Price (FAP) rule. Until the rule is replaced, use industry-provided list prices and data only from the four current comparator countries, refrain from adding functional categories beyond those used in 2004-2006, maintain the rules on maximum price reductions, phase-in any cuts over two years, and use weighted averages.
2.外国価格参照制度(FAPルール)を排除する。ルールが取って代わられるまで、産業によって提供された価格算定に使用されたデータを比較国4カ国について業界が提供したものを使い、2004-2006の使われたそれらの向こうの機能的なカテゴリーを加えることを控え、最大価格を維持・縮小し、2年以内に段階的にカットし、加重平均制度を使用する。

3. Establish a voluntary process by which companies can request changes in reimbursement prices for devices that companies believe are not reimbursed appropriately due to price revisions.
3.企業が価格改正のため適切に還付されないとする機器の、償還価格における変化を要求することができる自発的なプロセスを設立する。

4. Create a category of premiums for devices with enhanced benefits such as greater longevity and shorter recovery time. Adjust the ranges of existing premiums to match those applied to analogous drug categories.
4.より長い寿命、より短い回復時間を得た機器のために、割増料金を付与するカテゴリーを作成する。既存のものに適用されているものにマッチするよう、調節する。

5. Expedite the introduction of new devices by letting companies apply for reimbursement during the approval process so such applications will be discussed at the first Chuikyo experts meeting and the general meeting following product approval.
5.そのようなアプリケーションが製品承認の後で初の中医協の専門家会議と総会で議論されるよう、企業に承認プロセスの間に返済を申し込ませることにより、新しい機器の導入を促進する。

6. Adopt mechanisms to compensate companies for the expense and delay in market entry of having to conduct redundant or otherwise unnecessary clinical trials in Japan.
6.日本において余分であるか、または不要な臨床試験を行わなければならないなどの、企業が市場参入における費用と遅れを補うためのメカニズムを導入する。

7. Provide incentives for adoption of advanced and less invasive diagnostic imaging techniques that expedite the identification and treatment of diseases and other health conditions.
病気と他の健康状況の識別と治療を促進し、先進的でより観血的な画像診断技術を採用し、奨励金を提供する。

8. Consult closely with industry, including U.S. industry, on reimbursement rules for in-vitro diagnostics (IVDs) so progress can be made on testing fees, “quick testing,” and the use of IVDs between clinical trial and reimbursement approval.
8.試験管内診断法(IDVs)の償還価格算定制度を改善するため、進展させて「早い検査」を実現するため、合衆国を含めた産業とよく協議する。

C. Blood Products. (血液製剤)

Allow industry, including U.S. industry, meaningful opportunities to discuss with the Japanese Government how the current drug-based reimbursement pricing system should be reformed in recognition of the unique qualities of plasma protein therapies. Ensure the pricing system for plasma protein therapies is based on the unique characteristics of those products.
日本政府と現在の医薬品ベースの還付価格決定方式が、血しょう蛋白質療法の優れた品質の認識によってどう改革されるべきか議論する重要な機会を、合衆国産業を含む産業に与える。血しょう蛋白質療法の価格決定方式が、それらの製品のユニークな特性に基づいていることを確実にする。

III. Medical Device and Pharmaceutical Regulatory Reform and Related Issues. (医療機器・医薬品の規制改革と関連問題)

The United States encourages Japan to improve the regulation of medical devices and drugs so as to facilitate the introduction of such products in Japan, and to focus on preventive care by promoting access of patients to innovative devices and drugs. The United States urges Japan to:
合衆国は、日本が製品の導入を容易にするために医療機器と医薬品の規則を改良し、革新的な医療機器と医薬品への患者のアクセスを促進することにより、予防医療に焦点を合わせるのを奨励する。

A. Pharmaceuticals.(医薬品)

Make it easier for companies to develop drugs in Japan and for Japan’s market by taking the following steps:
次のステップをとることにより、日本のそして日本の販路のための医薬品を開発することをより容易にする:

1. Work with industry, including U.S. industry, to facilitate Japan’s participation in simultaneous global development of drugs.
1.医薬品の同時のグローバルな開発への日本の参加を容易にするため、合衆国産業を含む産業と協議する。

2. Improve the environment for clinical trials, such as implementing the new five-year plan to stimulate clinical trials and, where appropriate, expanding that plan to include additional facilities; increasing incentives for patients, hospitals, and doctors to participate in clinical trials; and improving hospital clinical trial operations.
2.臨床試験のために環境を改良し、臨床試験を刺激するために新しい5ヵ年計画を実行、必要に応じて、さらなる施設を含めるその計画を拡大する; 患者、病院と医者が臨床試験に参加する誘因を増やす; 更に、病院の臨床試験活動を改善する。

3. Ensure industry, including U.S. industry, can participate in the study group on ethnic factors in clinical data from Japan, South Korea, and China.
3.米国産業を含む産業が日本、韓国、および中国からの臨床のデータの人種的要因に関する研究グループに参加することができることを保障する。

4. Reduce the drug lag by letting industry, including U.S. industry, propose directly to the Committee on Issues Related to Use of Unapproved Pharmaceuticals certain drugs that treat serious, life-threatening diseases.
4.生命にかかわる病気、重篤を治療する認められていない薬品、ある特定の薬品の使用に関連する、合衆国産業を含めた産業に、意見を委員会に直接的を提案させることにより、薬品供給の延滞を減少させる。

5. Ensure the Pharmaceuticals and Medical Devices Agency (PMDA) maintains a dialogue with industry, including U.S. industry, on user fees and performance metrics, which leads to better consultations and reviews.
5.医薬品医療機器総合機構(PMDA)は受益者負担金と性能測定基準に対する、合衆国産業を含めた産業との対話を維持する。

6. Implement expeditiously the planned increase in PMDA drug reviewers for FY2007-2009. Allow reviewers newly hired from the drug industry to review applications pertaining to their areas of expertise.
6.2007~2009年の間に、迅速にPMDAの薬事および生物統計においての人員を計画的に増加させる。製薬工場から新たに雇われた評論家に、それらの専門的技術の領域に関係するアプリケーションを批評させる。

7. Reduce PMDA review times for post-approval manufacturing changes to levels similar to those of the United States and European Union.
7.アメリカ合衆国と欧州連合のそれらと同じくするため、承認に要するPMDAの審査の時間を縮小する。

8. Reduce the processing time for new drug applications before final approval by the Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW).
厚生労働省(MHLW)による、新薬承認のための最終承認の処理時間を短縮させる。

9. Improve regulatory reviews and promote the use of vaccines.
規定の審査を改良し、ワクチンの使用を促進する。


B. Medical Devices.(医療機器)

Make it easier for companies to develop medical devices in Japan and for Japan’s market by taking the following steps:
企業が以下の方法を取ることにより、日本と日本の市場のための医療機器を開発するのをより容易とする:

1. Speed approvals and reduce requirements for “partial changes” by:
1.以下を実行し、承認の速度を上げ、「部分的な変化」のための要件を減少させる。

a. Clarifying which “minor changes” do not require regulatory approval, which may be submitted by notification only, and which may simply be recorded in an annual report.
a.どの「マイナーチェンジ」が調節を必要としないか、どれが通知書の提出のみで済むか、年次報告書に簡潔に記載する。

b. Implementing a “real-time review” process for changes that are more significant and that require prior review and approval.
b.より重要である、そして、先のチェックと承認を必要とする変化のため、「リアルタイムチェック」方法を採用する

c. Allowing partial change submissions while previous applications for the same device are under review.
c.同じ機器のための先の出願がレビュー中の間、部分的な変更の提出を許可する。

2. Use accelerated stability test data for device approvals where accelerated testing methods are validated in scientific literature or other adequate scientific support, and accept real-time stability test data from manufacturers upon completion of the real-time testing.
2.科学文献あるいは他の適切な科学的保持体と認めるリアルタイム安定度試験データで、製造業者からリアルタイムテストの補充の上に促進的テスト方法が実証される機器承認のため、促進的で安定度のある試験のデータを使う。

3. Ensure PMDA consults closely with industry, including U.S. industry, to develop improved performance goals for the next five-year plan and to identify measures to ensure it achieves the goals. Refrain from adjusting user fees without agreement by industry, including U.S. industry.
3.PMDAが次の5ケ年計画のために改善された性能目標を開発し、その目標を保証するために尺度を確認するため、合衆国産業を含めた産業と近くに議論することを保証する。産業による協定なしで受益者負担金を調整することは控える。

4. Protect from public disclosure business confidential information contained in product approval submissions.
4.製品承認提出物に含まれた秘密保持契約書の内容を保護する。

5. Reduce requirements for raw material data by eliminating the requirement to specify the chemical composition of raw materials; requiring disclosure of information on device components only when information on the biological safety of the finished device is not adequate to determine the product’s safety; and ensuring Japan’s requirements for biocompatibility testing are fully consistent with ISO 10993.
5.要件を排除するのによる原料データが原料の化学構成を指定するという要件を減らす;完成した機器の生物学的な安全性の情報が、製品の安全を決定するために適切でないときにのみ、機器の部品の情報の公開を必要とする;生体適合性テストのための日本の要求事項がISO基準と完全に一致することを保証する。

6. Adopt a system for simple registration of foreign manufacturing facilities in harmonization with international practices in lieu of the current accreditation system.
6.現在の認可システムに代わり、国際習慣と調和のある外国の製造設備の単純整合のためのシステムを採用する。

7. Adopt quality management system (QMS) conformity assessments that are specific to factories rather than to products.
7.製品より、むしろ工場に具体的な品質管理監督システム(QMS)審査登録を採用する。

8. Streamline the approval of IVDs by eliminating the pre-approval evaluation of IVDs by the National Institute of Infectious Diseases, reducing from two to one the predicate devices for which comparison is required, accepting actual product specifications, and developing simplified stability test requirements in consultation with industry.
8.国立感染症研究所によるIVDsの事前承認評価を排除することにより、2から1まで比較スペクトルが必要とされる断定されたデバイスを減少させ、産業と協議して実際の製品仕様書、および展開している簡易型の安定性試験要件を受け入れる。


IV. Blood Products(血液製剤)

A. Provide industry, including U.S. industry, with meaningful opportunities to discuss the labeling requirements of kenketsu and hikenketsu.
A.合衆国産業を含む産業に、献血と非献血のラベリング要件について議論する機会を提供する。

B. Provide industry, including U.S. industry, with meaningful opportunities to discuss supply and demand issues, as well as other regulatory matters, such as the national assay.
他の調整問題と同様に、国家分析評価のような需要と供給問題を議論する機会を、合衆国産業を含む産業に提供する。


V. Over-the-Counter Medicines.(市販薬)

Provide industry, including U.S. industry, with meaningful opportunities to consult with MHLW regarding over-the-counter medicines.
処方箋がいらない薬剤に関して厚生労働省と協議するための機会を、合衆国産業を含む産業に提供する。


VI. Nutritional Supplements.(栄養補助食品)

The United States urges Japan to:
合衆国は日本に、次のことを要求する:

A. Regulatory Categories and Claims.(規定のカテゴリーとクレーム)

1. Create a new regulatory category for foods that would allow ingredient-specific claims for nutritional supplements that could be used on labels, advertising, and promotional materials.
1.ラベル、広告、および宣伝用の資料の上で使用することができる、成分に対するクレームを処理する余地のある、栄養剤、食品のための新しい規定のカテゴリを作成する。

2. Review and revise potency limits for items in the Foods with Nutrient Function Claims (FNFC) category based on scientific risk assessment.
2.科学的リスクアセスメントに基づいたに栄養機能食品(FNFC)カテゴリーの項目の限界を調査、改訂する。

3. Liberalize the Foods for Specified Health Uses (FOSHU) category to make the framework practical for nutritional supplements products.
栄養補助食品にとって実用的な、特定保健用食品(FOSHU)カテゴリーを作る。

4. Work with industry to establish and implement by the end of FY2007 a system to provide information from the National Institute of Health and Nutrition’s database to consumers as recommended by the Office of Trade and Investment Ombudsman.
2007年の終わりまでに、国立予防衛生研究所と栄養法のデータベースから市場開放問題苦情処理体制によって推薦された機器と投資額行政監察官まで情報を提供するシステムを確立、実行するために産業と協議する。

B. Health Food Safety Regulations.(保健食料保安規程)

1. Provide meaningful opportunities for input to industry, including U.S. industry, during the development of regulations related to the safety of health foods, such as opportunities to participate as members of government-sponsored study groups or panels.
1.合衆国産業、保健の安全と関係がある開発の間に、政府出資の勉強会、あるいはパネルのメンバーとして参加するための機会、食料を含めて、産業に情報入力に有意義な機会を提供する。

2. Consider developing a regulatory framework for companies to introduce new ingredients for nutritional supplements that ensures safety while being practical and timely with consideration of best practices from other industrialized nations.
2.企業が栄養補助食品のために、他の工業国からの実用的でタイムリーな良い慣習を考察している間に、安全を保証する新しい原料を導入するように規制の枠組みを発展させるよう考慮する。

C. Food Additives.(食品添加剤)

1. Shorten the processing time for the approval of new food additives,
particularly those evaluated by the Joint FAO/WHO Expert Committee on Food Additives (JECFA), by taking steps such as clarifying the materials required for an application and improving efficiency in the approval process.
1.承認審査方式で能率を増進などなどの方法を取ることにより、新しい食品添加剤の承認のための処理時間を短くし、特にFAO/WHO合同食品添加物専門家委員会(JECFA)によって評価されたもの、必要である原料をはっきりさせる。

2. Revise in a timely manner the standards of use for food additives using scientific principles and reflecting advances in analytical techniques and technology.
進歩的な科学原理を使った分析技術と工学を使用して、直ちに食品添加剤において、役に立つ規格を改訂する。

D. Import Issues.(輸入問題)

1. Continue to make the food import process more efficient by improving the system of tracking prior consultations and instructions completed by companies at quarantine stations.
1.企業によって検疫所に終了した先の相談と指示を追跡するシステムを改良することにより、食物輸入プロセスをより効率的にし続ける。

2. Limit the disclosure of proprietary information on import declaration forms.
2.輸入品の申告における知的財産情報の公開を制限する。

3. Address other long-standing concerns related to the import of nutritional supplement products.
3.栄養補助食品の輸入に関連した他の長年の懸念に対処する。

VII. Cosmetics and Quasi-Drugs.(化粧品と医薬部外品)

The United States urges Japan to:
合衆国は次のことを日本に要求する:

A. Quasi-Drugs.(医薬部外品)

Increase the transparency and efficiency of the quasi-drug approval process by:
次を実行し、医薬部外品承認プロセスの透明性と効率を上昇させる。

1. Publishing a list of active ingredients including their levels and efficacies that have been approved in previous quasi-drug applications and updating this list regularly.
1.以前に医薬部外品として承認されたものの活性成分のレベルと有効性を含むリストを発表し、定期的にこのリストを更新する。

2. Publishing a list of additives (inactive ingredients) including their levels that have been approved in previous quasi-drug applications and updating this list regularly.
2.以前に医薬部外品として承認されたものの不活性成分のレベルを含む添加物のリストを発表し、定期的にこのリストを更新する。

3. Relaxing pre-approval requirements for additives (inactive ingredients) to be consistent with regulatory frameworks in other industrialized nations.
3.添加物(不活性成分)が、他の先進国で規定の枠組みと一致しているという事前承認要件を弛緩させる。

B. Advertising and Labeling.(広告とラベル)

Enable Japanese consumers to make more informed decisions by:
次を実行し、日本人の消費者が、より知識がある決定をするのを可能にする:

1. Allowing additional claims for cosmetics that are within the scope of currently approved claims and that are supported by scientific data.
1.現在までに見られるクレームの範囲から、科学的測定値に基づき、化粧品へのクレームを割り出す。

2. Allowing numerical claims for quasi-drugs and cosmetics based on significant and verifiable scientific data.
2.医薬部外品と化粧品の、重要で証明可能な科学的データに基づくクレームの数字を割り出す。

C. Other Transparency and Regulatory Issues.(他の透明性と規定の問題)

Improve the transparency and efficiency of the quasi-drug and cosmetic regulatory systems by:
次をことを行い、医薬部外品と化粧品の規定のシステムの透明性と効率を高める。

1. Working with industry, including U.S. industry, to develop a system to disclose the outcome of meetings of the Local Advertisement Controllers’ Meeting (Rokushakyo), such as through issuing a monitoring report.
1.ミーティングの結果を明らかにし、体系をたてるため、合衆国産業を含む産業と協議する。

2. Continuing to work with industry, including U.S. industry, to ensure that product standards are both safe and practical and setting specific time frames for the review process of product standard revisions so that companies can plan for changes.
2.合衆国産業を含めた産業と協議し、企業が変更に備えて計画を立てることができるように製品基準改正の審査プロセスの具体的期間を設定する。

3. Streamlining import and approval paperwork and procedures for quasi-drugs and cosmetics to reduce lead time to market.
3.医薬部外品と化粧品が売り出すための先行時間を短縮するよう、輸入、承認の文書業務、および手順を能率化する。

4. Continuing to improve MHLW’s web site to include more information for consumers and industry on the quasi-drugs and cosmetics regulatory systems in an easily accessible location.
4.アクセスを容易とするため、化粧品および医薬部外品に関連した規制および指針に関する詳細な情報を適時、厚生労働省のウェブサイトの中心的場所で公表する。

 まあしかし、何時もの事ながら、よくもまあ、こんなに事細かに、他人様の国の制度について頭を働かせられるものだと感心します。

 この労力を、己のところの杜撰極まりない医療制度の改革に向けないところが、如何にも強欲なアメ公といった感じでもあありますが。

 限りなく糞長いので、取り敢えず適当に要約すると、
ウリがイルボンの医療機器や医薬品などの業界に参入出来るよう、制度を根本的に作り直すニダ。その為に、何をするにあたっても、ウリ企業と逐一協議し、ウリ企業が望む制度を整えるニダ。また、その際にウリ企業の誇らしい技術が流出しないよう、その部分の規制だけは強めるニダ。また、ウリ企業が失敗せぬような手厚い保護もヨロシク頼むニダ。イルボンの医療制度を徹底的に破壊して、その利益をウリ達と自民党、財怪塵で山分けするニダ。一般のチョパーリが苦しむ?知ったこっちゃねぇニダw

と、こういう事です。

 こんな基地外な要求に素直に応え、祖国を、同胞を、奈落の更に底に叩き落とそうとしている国賊政党、自民党には、一刻も早く退陣して貰わねばなりません。

 そんな訳で、そんな国賊政党を何故か応援する自称ホシュに囲まれながら奮闘しているこの珍種に、清き愛の1票をw
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

国富消尽―対米隷従の果てに
吉川 元忠 関岡 英之
PHP研究所 (2005/12)
売り上げランキング: 46011
おすすめ度の平均: 4.5
5 サ・・サル野朗!!
5 すごい本だ!!
4 小泉・竹中インチキ改革告発の本

ラテン・アメリカは警告する―「構造改革」日本の未来 (シリーズ「失われた10年」を超えて―ラテン・アメリカの教訓)
内橋 克人 佐野 誠
新評論 (2005/04)
売り上げランキング: 106254
おすすめ度の平均: 4.5
4 ラテンアメリカから学べ
5 トリクル・ダウン(雨水が大地に滴り落ちる)?


PR情報
厳選ミリタリーアイテム
【最強プロバイダー比較サイト】他にはないお得なキャンペーンがここに!
スポンサーサイト



南京の真実

ブックマークに追加する
日頃「Trend Review」を応援ありがとうございます。
この度、ブログ名を「日本を守るのに右も左もない」に変更することになりました。http://www.trend-review.net/blog/

'05年小泉郵政選挙の自民圧勝をみて、このままでは日本はアメリカの属国にされるという危機感を感じ、'06年当ブログを立ち上げました。ところが、先の参院選で自民党が大敗し安倍首相が退陣しても、郵政民営化は強行されるなどアメリカの日本支配は着々と進行しています。

今や、左右両派が対立している場合ではありません。それぞれの思想・信条の違いを超えて、日本を守るという一点において各派が結集すべき時です。左右の違いを超えて心ある人々の結集を図っていく、その趣旨を鮮明にするためにブログ名を「日本を守るのに右も左もない」に変更させていただきました。

日本を守るため「○○さん(相手ブログ名)」とも共に闘っていきたいと考えています。今後とも一緒に頑張りましょう。
2007/10/25(木) | URL | 本郷猛 #-[ 編集]
先ほどのコメントで、「或る浪人の手記さん」と入れるところを、 「○○さん(相手ブログ名)」などと入れてしまいました。非礼この上ないことをしてしまい、申し訳ありません。お許しください。
2007/10/25(木) | URL | 本郷猛 #-[ 編集]
それは、どうもご丁寧に。

ただ、名前もそうですけど、テンプレ使ってのコメント回りは、余り良い印象は与えないと思いますよ。
2007/10/26(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
助言ありがとうございます。

確かにそうですね。
2007/10/26(金) | URL | 本郷猛 #-[ 編集]
仮面ライダー = 目覚めた日本人
ショッカー  = ハゲタカファンド、軍産複合体、穀物メジャー
2007/10/27(土) | URL | n #gDjXLJVA[ 編集]
ショッカー軍団を率いるクライシス帝国の帝王
=デイビッド・ロックフェラー93歳
2007/10/27(土) | URL | n #gDjXLJVA[ 編集]
仮面ライダーですか、懐かしいですねぇ。

ショッカーが何故か日本だけを狙っていたのも、何やら因果めいたものを感じるところです。
2007/10/27(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ショッカー日本支部長 = 創価学会、統一教会(表面上は敵対)
ショッカー韓国支部長 = ノムヒョン
ショッカー北朝鮮支部長 = キム・ジョンイル
ショッカー北米支部長兼テロ捏造部長 = ジョージ・W・ブッシュ(親子)
2007/10/28(日) | URL | n #gDjXLJVA[ 編集]
喜八さんだったかな、昨年の年次改革要望書(医療制度)について、浪人さんのサイトを引用していましたよ。長年の年次改革要望書について知ってもらう良い機会だと思うので、昨年版のリンクを張られては如何なものでしょうか。
2007/11/01(木) | URL | n #kzSLSZXc[ 編集]
そう言えば、過去のものへのリンクとか無かったですね。

週末にでも、ちょこっと手直しする事にします。
2007/11/02(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
大使館
http://ameblo.jp/garbanzo04/entry-10056579727.html
2007/11/22(木) | URL | n #rwUdOXLU[ 編集]
米国大使館
http://tokyo.usembassy.gov/pdfs/wwwfj-20071018-regref.pdf
2007/11/22(木) | URL | n #YxDy9GR2[ 編集]
【年次改革要望書についての報道問い合わせ】
11月29日、NHKのコールセンター「ながの」は、報道現場にとって都合の悪い問い合わせに対しては【情報開示請求しろ!】と言ってきたことが分かりました。
それに、10月18日の報道は嘘だった事も分かりました。出稿はしたけれど、報道は一切しなかったという結論です。この御仁、何でもかんでも【情報開示請求しろ!】と視聴者に言い続けました。これが、NHKの視聴者に対する正直な態度です。自らは公共報道機関としての役割を無視していながら、視聴者に責任転嫁しています。これを見過ごすわけにはいきません。
2007/11/29(木) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
年次改革要望書を紹介した放送です。
http://www.youtube.com/watch?v=DGoBeF24wE8&feature=related
2007/12/03(月) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
EU、規制改革に関する10分野の対日要求発表
 欧州連合(EU)欧州委員会は13日、日本の郵政民営化や金融サービスを柱とした規制改革に関する10分野の対日要求を発表した。郵政民営化では、民間企業と同じ競争条件になるよう「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命保険」の早期上場を要求。両社の完全民営化までは「新事業への拡大を厳密に制限する」よう要望。はがきなど信書便の段階的な事業開放も求めた。

 金融庁が銀行と証券間の業務障壁(ファイアウオール)の見直しを決めたことは評価。医薬品の審査・承認にかかる時間の短縮要求も盛り込んだ。その他の分野は投資、政府調達、情報・通信、運輸、食品など。18日に外務省で開く日EU規制改革対話で日本政府に伝える。(20:01)
2007/12/18(火) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
【緊急情報】以下、目次です。
【仮翻訳:全66ページ】(発表:平成19年10月22日)
http://jpn.cec.eu.int/data/current/EU_Proposals_2007_JP.pdf
【日本の規制改革に関するEU提案(最終版仮和訳)Provisional Japanese Translation】
はじめに 3
1. 投資 5
1.1 企業再編と関連措置:M&A の場合 5
1.2 支店の合法性:擬似外国会社 7
1.3 人的資源 9
1.4 透明性 12
2. 政府調達 15
3. 情報・通信技術 21
3.1 ボトルネック設備および接続への透明かつ非差別的で原価に基づくアクセ
スを保障する競争セーフガードの強化
21
3.2 ユニバーサルサービスの財源確保 23
3.3 第4 世代移動通信システム IMT-Advanced (IMT-2000 後継システム)
の周波数帯の国際標準化
26
3.4 電気通信端末機器に関するマーケットアクセス 27
4. 金融サービス 28
4.1 銀行および投資サービス 28
4.2 保険 31
4.3 会計監査 33
4.4 会計基準 35
5. 日本郵政公社の民営化 37
6. 運輸 40
6.1 航空輸送 40
6.2 海上輸送(国際海運) 42
7. 医療・化粧品 44
7.1 医薬品・ワクチン 44
7.2 医療機器 46
7.3 血漿 49
7.4 化粧品 50
8. 食品安全および農産品 51
8.1 食品添加物および香料 51
8.2 牛・羊製品(特に牛肉)の輸入 53
8.3 有機農産物認証 54
8.4 植物検疫 56
8.5 育成者権(農業者の特権) 58
8.6 地域主義 59
8.7 輸入規制-不服申し立て 61
8.8 輸入規制 62
8.9 ケーシング 63
9. 木材基準 64
10. 動物用医薬品 66
2007/12/20(木) | URL | <丶`∀´> #AimyFVvg[ 編集]
ナビダイヤル:0570-066-066
一般・IP電話:044-871-8100
2008/01/01(火) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
アマゾン詐欺を発見!
*年次改革要望書について書かれている『拒否できない日本』(文春新書、関岡英之)を1年以上も意図的に売らなかった実績を持つアマゾンが、再び詐欺を働いた。今度は、【千島学説阻止】を狙いとしている。新書で¥2000+税で買える本なのに、何と中古本で¥4799以上の価格としている。これを詐欺と言わずして何と言うのか?
*以下、2つのURLを比べてみて欲しい。
【出版社サイト】ISBN4-88503-008-0 C0047 \2000E
【千島学説入門 生命発生からガン治療まで 忰山紀一 著】¥2000+税
http://www.jiyusha.co.jp/mokrok/books/008-0.html
【アマゾン詐欺サイト】
【千島学説入門―生命発生からガン治療まで (単行本)】¥4799 ~ ¥5700(*中古)
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4885030080/ref=dp_olp_2/250-9966808-5369825
2008/01/08(火) | URL | n #AimyFVvg[ 編集]
【年次改革要望書(平成19年10月18日)の報告書(プレスリリース一部訳)】
1.
She(Susan C.Schwab) also 【urged】 Japan to 【devote】.
スーザンCシュワブは、日本に《貢ぐ》ように《強要》した。
《注釈》
devote = 金などをささげる、財産などを献納する
urge = 急き立てる、強要する
2.
Ambassador Schwab said,"I look to Japan to take 【quick】 action to 【fully】 "
米国通商代表部のシュワブは言った。
『私は日本に対して注文を付けた。この問題について、《さっさと》行動を起こせ!と《完全に》決心しろ!と。』

【ファクト シート】(Overviewより一部訳)
continue to 【strongly encourage】(= urge) Japan
日本に、《強く仕向け》(=強要し)続けよ。
《注釈》
encourage = 人が人に事を更にするように、仕向ける
強く仕向ける、つまり、強要するという意味合いとなる。
2008/07/10(木) | URL | 匿名希望 #AimyFVvg[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/975-2ac9ea73
(人気blogランキング参加中。)今年の日米年次規制改革要望書(2007年10月18日付け)が発表されたことをほとんど報じない日本経済新聞。(見落としてましたが、10月19日の夕刊に小さく記事があったそうです。あとで確認してみ
 混迷する日本の政治に確かな指針を示すべく、櫻井よしこ氏、田久保忠衛氏、屋山太郎氏の三名が中心となって本格的な保守のシンクタンクを設立することになったそうです。 去る22日、外交評論家の田久保忠衛先生著『激流世界を
2007/10/25(木) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
ブログ「神州の泉」(http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/)でマスコミ(日経新聞)の動きについて、注目すべき内容が紹介されていました。―――――――――――――(以下引用)―――――――――――――  ◎我が国最優先の国政的課題は『郵政民営化見直し法
2007/10/25(木) | dou
  ||| 放火が原因か?FBIがCSI捜査開始 |||カリフォルニア・インフェルノ4日目、風力弱まりようやく下火に放火が原因?FBIがCSI捜査開始 容疑者1名死亡1名取調中米国時間2007年10月24日 | カリフォルニア州サンディエゴ発 | 『米流時評』ysbee訳【カリフォル
2007/10/26(金) | 米流時評
ネット上では話題になっていますが、2007年版が10月18日に米国から示されたようです。が、亡国マスゴミは相変わらず報道する気無しでダンマリを決め込んでいます。マスゴミの皆さんは生涯賃金が何億でしたっけ?6億?それだけの仕事はしてないね。フリーターや派遣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。