FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ皇室 → 落日の朝日新聞 朝敵として散り逝く道を選択

落日の朝日新聞 朝敵として散り逝く道を選択
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

寛仁さま 発言はもう控えては

 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。

 昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「文芸春秋」などでインタビューに応じた。さらに産経新聞と、同社が発行する雑誌「正論」にインタビューが載った。

 初代の神武天皇から連綿と男系が続いているからこそ皇統は貴重なのだ。戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ。いずれもそうした趣旨の発言である。

 小泉首相から皇位継承のあり方を諮問された有識者会議は、女性天皇やその子の女系天皇を認める報告書をまとめた。政府はこの報告書に沿って皇室典範の改正案を準備中だ。

 寛仁さまの発言は、この報告書や首相の方針に異を唱えるものである。

 だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない。

 皇族にも様々な思いはあるだろう。自らにかかわることだけに当然だ。だが、それを外に向かって発言するとなると、どうか。改めて考える必要がある。

 当事者である天皇や皇族がどう考えているのかを知りたいと思う人もいるだろう。自由に話をさせてあげたらいい、という人もいるにちがいない。

 皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。

 しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。

 寛仁さまはインタビューで「皇族は政治にタッチしないという大原則があります」と述べている。その大原則に反するのではないかと考えるからだ。

 憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ。

 寛仁さまは皇位継承については「政治を超えた問題だ」と述べている。歴史や伝統の問題ということだろう。

 しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。

 たとえ寛仁さまにその意図がなくても発言が政治的に利用される恐れがある。それだけ皇族の影響力は大きいのだ。

 天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである。

 天皇陛下は記者会見でたびたび女性天皇や皇位継承について質問されたが、回答を控えてきた。皇太子さまも会見で質問されたが、やはり答えなかった。

 おふたりとも、憲法上の立場を考えてのことにちがいない。

 寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。
(2006年02月02日 朝日新聞社説)

 皇室に上等を決め込むとは、さすが天下の朝日新聞です。

 自らの言論の自由は声高に主張するくせに、自分達の意にそぐわぬ言葉は如何なる手法を持ってでも叩き潰そうとは、さすが世界最高の独裁国家中国の飼い犬なだけのことはあります。

 皇室に関する問題において、皇族の方々に発言を控えろとは、不遜・無礼・傲慢、如何なる言葉を持ってしても形容できぬほどの自分勝手ぶりで、一体どのような思考回路をしていれば、そのような結論に至るのか不思議でなりません。

 三笠宮殿下は「皇族は政治にタッチしないという大原則」を意識されておられるからこそ、公式での記者会見などといった手法ではなく、雑誌や新聞のインタビューなどで、ご意思を述べられるという形を取っておられるということくらい、類人猿程度の脳があれば理解できるはずのものです。

 天皇陛下皇太子殿下が御自分の御意見を述べられないのは、天皇陛下皇太子殿下が御自分の考えにおいて、発言しないほうが良いと判断されたからであり、それを持って三笠宮殿下も発言を控えられたほうがよいとは、あまりにも酷いこじつけ以外の何物でもありません。

 三笠宮殿下国会内閣府首相官邸に乗り込まれて、今回の皇室典範改正に異を唱えられたのであれば、「皇族は政治にタッチしないという大原則」に反するものという理屈も成り立つものであろうが、雑誌や新聞のインタビューにおいて御自分の考えを述べられただけで、憲法に触れるから発言を控えたほうがよいとはあまりに横暴で、憲法以前に人間としての道理に反するものであると思われます。

 朝日新聞に物申させていただく。

 マスコミとは「第四の権力」と呼ばれるほど影響力の強い機関である。

 天皇は日本の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。ましては中共工作機関である朝日新聞が意見するなど持っての他である。

 朝日新聞が怪奇電波を放出し続ければ、日本のマスコミはキ印だと誤解されかねない。そろそろ大陸へ帰還することを考えてはいかがだろうか。

人気blogランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

「朝日」ともあろうものが。
烏賀陽 弘道
徳間書店 (2005/10/22)


    
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 「朝日」という高貴な「日章旗」を思わせるような社名が許せません。
 主義主張が解りやすいように「しんぶん中朝」に変えるべきだと思いますね。
2006/02/03(金) | URL | 百式 #-[ 編集]
>百式さん

「朝日」は「朝鮮日報」の略ですから、気になさることはないと思いますよ。

社旗が「日章旗」なのは、徹底的に抗議してでも変えさせるべきだとは思いますが。
2006/02/03(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
 トラックバックありがとうございます。

 本当に朝日はムカつきますよね。
 南北朝鮮でも、支那でもどちらでもよいので、それらの国で反日工作活動をして欲しいものです。
2006/02/03(金) | URL | 稲穂 #-[ 編集]
>稲穂さん

こちらこそコメントありがとうございます。

朝日新聞を日本から失くすには、まず朝日新聞を読んでいることが非常に恥ずかしい事であると、購読者に認識させる事が重要であると思われます。

全ての購読者は無理でも、なんとなく朝日を読んでいる人間を減らすだけでも、かなりのダメージを与えることは可能ではないかと思います。
2006/02/04(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
朝日に限らず、各メディアや政治家を見るに、日本に住む日本人であることにマイノリティ感というか、危機感を抱いくようになりました。
私は私の出来る事を全うするだけだが、我が国は一体どこへ行こうとしてるのか…。
2006/02/08(水) | URL | たけ #-[ 編集]
>たけさん

政治家やメディアの腐敗はたしかに大きな問題ですが、多くの国民がそれに対して無知・無関心であることが、より大きな問題であり、戦後日本が抱えた最大の病理であるように思います。

たけさんのように、この国の行く末を憂う人が一人でも多くなれば、必ず軌道修正できるものであると私は思っています。

2006/02/09(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/98-b3b5670e
本2月2日付け朝日新聞朝刊の社説 『寛仁さま 発言はもう控えては』 を読んで少々思うところがあったので記事にしました。
2006/02/03(金) | (2×2)+1
昨日の皇族の方々に対する敬意の欠片も見えない社説を載せた朝日新聞。早速産経が反論。そりゃそうだろ。報道機関が言論封じとか。『そんなことは無理』ここはあなたの大好きな中国ではありません。てか産経の中の人にねら~いるだろwww正直に名乗り出ろwww先生黙って
2006/02/03(金) | まぢめな話
今朝の朝日新聞の紙上にこんな記事があったんですがウェブにはないのかな? 見出しだけ書くとこんな感じ。 典範改正 揺れる政権 自・民 広がる慎重論 首相強気、カギは安倍氏 反対集会に44議員 似たような記事が産経に。 「女系天皇」自民議員の3割が反対署名 皇室典
 最近、朝日新聞が「ジャーナリスト宣言」とかいうキャッチコピーでCMなどを流していて、結構「うざっ!」と思っていたら今朝の社説でとんでも無いことを書いていた・・・・寛
2006/02/03(金) | ステイメンの雑記帖
前回、竹田氏の素晴らしいご意見のさわりをご紹介したが、こうした今も凛々しい旧宮家の方々のほかにも、一度視野を広げてみたい方々が、個人的にはおられる気がしている。それは江戸後期の天皇様のご末裔で、男系男子が維持されているお血筋のことだ。宮内庁! 資料を出..