FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 国連曰く「北京の大気は人体に有害」

国連曰く「北京の大気は人体に有害」
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 「中止せよ」「開催地を変更せよ」という良識ある声も虚しく、日々刻々と開催が近付いている血と狂気と災厄の祭典、支那畜ホストによる北京五輪、正式名称「ジェノサイド五輪」ですが、やはり、どう考えても中止した方が良いとしか思えない要素が、また一つ増えた模様です。
北京五輪、大気汚染の改善は困難=国連報告書
灰色の霧に包まれている五輪の主会場「鳥の巣」

 【大紀元日本10月27日】国連環境計画(UNEP)はこのほど、北京市の大気汚染は来年のオリンピック開催までに著しい改善は見込めないと示した。この報告書は、来年のオリンピック開催に際し、中国が国際社会に対して公約した環境改善の状況を査定したものである。

 国連環境計画(UNEP)は、国際連合のもとで、環境問題に関する諸活動の全般的な調整を行なうとともに、新たな問題に対しての国際的な取り組みを推進することを目的とした国際機関である。

 報告書では、北京市の大気汚染は、世界保健機構(WHO)が定めた安全ラインを下回っていると指摘。国際オリンピック委員会のロゲ会長はこの前に、問題があまりにも深刻であれば、一部の競技を遅らせる可能性を示唆した。

 163ページに及ぶこの報告書は、2000年から2006年までに、中国当局が空気中の主要汚染物、例えば、二酸化硫黄と一酸化炭素の減少に成功したが、2006年に状況が停滞した。空気中の4大汚染物の含有量が上昇、あるいは下げ止まっているという。

 報告書は、新たに発見された問題点を明らかにした。建築現場や、石炭ボイラー、砂嵐がもたらす大気汚染である。関連の汚染物質の濃度は、2000年の水準に相当し、特定の時期において、WHOが定めた安全ラインの3倍を超えているという。

 国連環境計画のスポークスマンは、オリンピック組織委員会や、選手、観衆、北京市民はこれらの問題を憂慮する権利を持っていると述べ、関連のデータは来年のオリンピックにどのような影響をもたらすかについて、具体的な説明を避けた。

 また、報告書は、来年8月の北京五輪までに、現地の大気汚染の状況は大きく改善する見込みはないことを明確にした。

 WHOのクリザノフスキ(Michal Krzyzanowski)医師は、BBCの取材で、「重度に汚染された空気中にいると、深刻な疾病を誘発する恐れがある」と述べ、「心臓病患者は、(もし北京でのオリンピック観戦を計画しているならば)、慎重に考え直すべきだ」と助言した。

 世界銀行の調査報告によれば、全世界で最も環境汚染が深刻な20都市のうち、中国は16都市を占めている。

 クリザノフスキ医師は、「欧州の基準に照らせば、これらの都市の汚染水準はかなり高い。アジアの基準に従っても、中国の都市の汚染は深刻…これらの都市の中、北京市の汚染状況は最も深刻」などと話した。

(2007年10月27日 大紀元時報)

 真面目に、真剣な話、スポーツ選手は友好親善の為の道具でも何でも無く、あくまで人間な訳で、日中友好だか何だか知らないが、そんな糞の糞にも劣るようなどうでも良いものの為に、わざわざ死地に赴かせるなど、基地外の沙汰、狂気の沙汰以外の何物でもありません。

 まともな、ほんの少しでも人間らしい感情を有しているのならば、例えこの事が原因で日支間が険悪になる可能性が大であるにしても、絶対に、選手をこの魔界へ送り込むべきでは無いと言えます。

 水や食料は自国からの持参で賄えても、空気だけはそういう訳にはいかないのです。

 尤も、こんな事は以前から分かり切っていた事であり、本来ならば、もっと早くから回避の方向を模索しておくべきだった訳ですが、過ぎた事をぐちぐち言っても仕方がないというものです。

 しかし、今、はっきりと、国連の調査により「改善は不可能」という判定が出た以上、ここで正しい判断を下さないならば、それは殺人幇助にも等しい行動であるという事を、政府もJOCも、そして一般の国民もはっきりと認識すべきだと言えます。

 医師が、はっきりと「深刻な疾病を誘発する恐れがある」と言っている場所に、人間を送り出す事など、外道の所業以外の何物でもありません。

 まあ、これだけでも十分なのですが、一応、如何に北京の空気が腐っているかという参考までに、「北京市と東京都における大気粉塵中金属濃度の比較」「北京市と川崎市における大気粉塵中の発生源の比較」の二つの図表、及びその説明を引用しておきます。
北京市と東京都における大気粉塵中金属濃度の比較

北京市と川崎市における大気粉塵中の発生源の比較

 北京市で観測された大気粉塵濃度(PM10)は、 2001年 9月28日から2006年1月23日の期間、 平均値で154.5μg/m3 (n=1689)であった。 同期間の横浜市での大気粉塵濃度(PM10)の平均値 35μg/m3と比較して約4倍も高い濃度となった。 日本における大気粉塵濃度の環境基準値は、 1日平均値で100μg/m3であり、 北京市においては、 ほとんどの期間が日本の環境基準を上回る大気粉塵濃度が観測された。 特に、 10月中旬以降、 数百μg/m3を越す極めて高濃度の大気粉塵濃度が観測されたが、 10月中旬以降に北京市では暖房が入る時期となり、 暖房の燃料に使用される石炭の燃焼から発生する煤塵の影響が強く現れている。 又、2002年3月、4月には大気粉塵濃度が1000μg/m3を越す記録的な黄砂現象が北京市で観測された。

 大気粉塵試料中の種々の金属は、 大気粉塵の発生源を推定するのに有効なトレーサーとして使用されている。 例えば、 ヒ素(As)は石炭燃焼から発生する粒子、 セレン(Se)は石油燃焼から発生する粒子、 亜鉛(Zn)はごみ焼却から発生する粒子、 鉛(Pb)は自動車から発生する粒子、 アルミニウム(Al)は土壌起源粒子に多く含まれており、 これらの発生源からの粒子の大気粉塵への寄与を知ることができる。 そこで、北京市(清華大学環境工学科校舎屋上)で採取(2001年3月15日から2005年8月21日、1368試料)した大気粉塵試料中の金属を分析し、 その結果から北京市の大気粉塵の発生源を推定することで、 今後の北京市における大気粉塵対策に役立てることを検討している。

 北京市の大気粉塵中金属濃度の分析結果を下図に示した。 比較のため、 日本において大気中の金属濃度が高い京浜工業地域に隣接する東京都の大気粉塵中金属濃度を合わせて示し、 北京市と東京都における大気粉塵中金属濃度の比を下左図に示した。 図から明らかな様にアルミニウム(Al)、 カルシウム(Ca)、鉄(Fe)、 チタン(Ti)、 マンガン(Mn)と言った土壌起源粒子に多く含まれる金属、 石炭燃焼から発生する粒子に多く含まれるヒ素(As)、セレン(Se)の濃度が極めて高く、 北京市ではこれらの金属濃度の10倍を越す濃度が観測された。 この結果から、 北京市における大気粉塵の主たる発生源は土壌起源と石炭燃焼によるものと推定できる。 次に、 北京市の大気粉塵中金属濃度の分析結果を基にして、 CMB法(Chemical Mass Balance Method)を用いて各発生源別に算出した粒子濃度を下右図に示した。 比較のため、 川崎市における各発生源別に算出した粒子濃度も合わせて示した。 下右図に示す二次粒子(Secondary particle)とは、 直接粒子として大気中に放出されるのではなく、 ガスとして大気中に放出された後、 大気中で種々の反応により粒子となったものを言う。 代表的なものとしては、 石炭・石油等の化石燃料の燃焼によって大気中の放出された二酸化硫黄 (SO2)がアンモニア(NH3)と反応して生成する硫酸アンモニウム、 自動車排気ガスから大気へ放出された窒素酸化物(NOX)がアンモニア(NH3)と反応して生成する硝酸アンモニウムが上げられる。 この他、 自動車排気ガスから大気中に放出された種々の炭化水素が大気中で粒子化した有機炭素化合物等が挙げられる。

 北京市及び川崎市において大気粉塵中に占める二次粒子の割合は高く、 特に北京市の場合、190μg/m3 の大気粉塵中に50 %を越す二次粒子が推定された。 これは、 石炭燃焼による膨大な二酸化硫黄( SO2)が排出されているためである。 又、 石炭燃焼により発生する粒子は65.4μg/m3、 土壌起源から発生する粒子は38.3μg/m3、 自動車起源から発生する粒子は53.2μg/m3と推定され、 北京市における大気粉塵濃度の削減には、 これらの発生源の対策が必要である。

(慶應義塾大学理工学部環境化学研究室「東アジアの大気汚染の実態と動向」より)

 しかも、五輪という事は、この薄汚い、人体に有害な大気の中で、激しい運動をするという事です。

 流石に、即死するような事は、北京でチュウゴクジンという生物が生息している事から無いと思われますが、帰国後に奇妙な病気を発病、運が良くても、確実に選手生命を縮める事に繋がります。

 今現在、薬害肝炎の問題で厚労省が資料を隠蔽していた事が問題になっていますが、こういう支那の実情を知らせる事も無いまま、日中友好などという糞の糞にも値しない茶番劇の演出の為だけに前途ある有望な若者を、瘴気の立ち籠める魔大陸へと送り出そうとしている事は、同じような過ちを繰り返そうとしているようにしか映らないものです。

 行けば、良くて発病、最悪死亡という事を知りつつ魔大陸へと選手を送り出す事は、使う事が危険と知りつつ血液製剤を使い続けた行動と何ら変わりません。

 必要な情報を隠蔽しているところまで酷似しています。

 そのような汚名を返上する為にも、例え欧米がこのまま参加しようとも、我が国だけは断固として不参加の意志を表明すべきだと言えます。

 北京五輪への不参加は、人権を尊重する近現代国家としての最低限の条件の証明であると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「複合汚染国家」中国 (ワックBUNKO)
黄 文雄
ワック (2006/07)
売り上げランキング: 427751
おすすめ度の平均: 3.0
3 中国批判一点張り。どこまで信用するかは読者次第だが、参考になる個所は多くあります。

中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
宮崎 正弘
徳間書店 (2007/09)
売り上げランキング: 8020
おすすめ度の平均: 5.0
5 中国リスクの詳細


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
外国為替なら外国為替証拠金取引NAVI
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
かような場所に選手団だけでなく皇太子殿下まで送ろうと企む
北京の犬、福田康夫は逆賊です
一刻も早く衆院を解散させなくては!時間がない!
2007/10/28(日) | URL | WIZARD03 #re8bjFOY[ 編集]
上のグラフを信用すると、有害金属の濃度は2倍~25倍ということになりますね。
中でも砒素(As)の25倍には驚かされます。
殺鼠剤でも散布しているのでしょうか?

このような結果が出たならば、早急に然るべき機関に「オリンピックの中止、若しくは開催地変更」を上申すべきです。
でなければ選手の参加を見送るのが妥当です。

生命に危険と判断されるに十分な環境でのスポーツの祭典は論外です。
2007/10/28(日) | URL | 通行人A #.Wj8dMe.[ 編集]
全く同感です。

出来る限り早くの福田内閣の退陣こそが、今の日本にとっての国益です。
2007/10/29(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ええ、流石に危険にも程があると思います。

支那人はそこで暮らしている、とでも反論してくるかも知れませんが、その支那人にも、畸形の動物や子供が生まれており、身体を鍛えている選手は何とか無事だったとしても、彼らの児孫を害する可能性は大です。

http://oshaka.sarashi.com/pokopen.html
http://image.baidu.com/i?tn=baiduimage&ct=201326592&lm=-1&cl=2&word=%BB%FB%D0%CE
2007/10/29(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
開放政策後、支那に大規模な工場運営を持ちかけたのは、米国、次にドイツでしたっけ。

米国に劣らずドイツも支那がお好きなんですね。戦前もそうでしたね。
儲かるのであれば何をしても良いという、すばらしい思考をお持ちの彼の民族に大規模工場なんか経営させてはいけなかったんです。

地球の耐用年数どれくらい縮んだのでしょうか。

多数の金メダル候補の選手が、その選手生命を賭してまで北京オリンピックに参加したくないと言い出せば、中止なんですけどね。そうでない限り政治的理由、利権がらみで中止にはならないのでは。


2007/10/29(月) | URL | Ve #-[ 編集]
>米国に劣らずドイツも支那がお好きなんですね。戦前もそうでしたね。

どうも、独にしても米にしても、欧米人というのは支那に妙な幻想を抱いている国、人間は多いですね。

>儲かるのであれば何をしても良いという、すばらしい思考をお持ちの彼の民族に大規模工場なんか経営させてはいけなかったんです。

同感です。

>多数の金メダル候補の選手が、その選手生命を賭してまで北京オリンピックに参加したくないと言い出せば、中止なんですけどね。

疑問なのは、こういう事実を選手が知っているか、という事ですね。

「それでも行きたい」と言うのならば、彼らの心情も考えると仕方のない側面もあるとは言えますが、知らないでそういう場所に送り込まれるのは、流石に余りにも非道な所業です。

自身の生命の危険は勿論の事、今後もし子供を作る事があれば、その子供にも被害が及ぶかも知れないという事を、彼らは知っているのでしょうか。

障害が悪だなどと言うつもりは毛頭ありませんが、防げるものならば防いでやりたいと思うのは、普通の人間の感情だと思うのですが。
2007/10/29(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/980-1a1c3d93
パリ不戦条約とは1928年8月27日に、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、日本、イタリア、ベルギー、チェコスロバキアによってパリで署名された「戦争放棄に関する条約」(Treaty for the Renunciation of War)-ケロッグ・
2007/10/28(日) | 憲法改正社
藤田さんの賭人の独り言から転送します。ご参照いただければ幸いです。11日のエントリー「台湾国防展覧会(TADTE 2007 show)レポート」に於いて、「この展示会は2年に1回開催、台湾と世界各国の軍事産業関連企業が出展して
2007/10/29(月) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  ||| 北京五輪、大気汚染で一部開催延期か |||国連環境調査で大気汚染に問題、IOC では一部競技延期の可能性も中国・北京発 |25日木曜、IOC国際オリンピック委員会は、五輪開催地に対する大気汚染に関する特別の制限のために、以前よりはましになったとはいうものの
2007/10/31(水) | 米流時評