FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → 狂気の宴

狂気の宴
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 米国様に命令されと、脊髄反射で「ワン」と鳴き、忠実に、限りなく忠実に日本を破壊し続ける政府、自民党、財怪塵の皆様ですが、先頃提出された「年次改革要望書」に対して、早くも、分かり易過ぎる程に分かり易い動きを始められた模様です。
診療報酬、引き下げで一致=「医療機関コスト高い」-意見書に盛り込みへ・財政審

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は5日財政構造改革部会を開き、2008年度予算で医療機関に支払う診療報酬を引き下げることで一致した。厳しい財政事情の中、公務員給与や物価の下落に比べ、医療機関の人件費や物件費は高止まりしているとして、削減余地があると判断した。今月中にまとめる建議(意見書)に盛り込む。ただ、日本医師会などは強く反発しており、政府・与党の調整は難航する可能性がある。

 診療報酬は、医師の給与などに充てる本体分と薬価分に分けられ、原則として2年ごとに改定される。06年度は合計3.16%と過去最大の引き下げ幅で、08年度も下げると4回連続。1%の引き下げで国費負担は約800億円削減できる。

 同部会の富田俊基部会長代理(中央大教授)は同日の記者会見で、「診療報酬は国民の負担で賄われており、効率化するのは当然だ」と強調。本体分だけで最大3.6%の下げは可能だとの認識を示した。

 08年度予算の概算要求基準(シーリング)では、医療などの社会保障費は高齢化に伴う自然増を2200億円圧縮することが決まっている。厚生労働省は政府管掌健康保険に対する国庫負担の削減と薬価引き下げで実現する方針を示していたが、財務省は診療報酬本体分も下げることで圧縮幅の拡大を目指す。

(2007年11月06日 時事通信)

 毎度おなじみ自民党の十八番、プロパガンダで抵抗勢力を作り上げて、その人達を血祭りに上げていくという戦術の第一手な訳ですが、まず、そもそもの前提条件にしている、物価と公務員給与について見ていく事にしましょう。

 まず、物価ですが、確かに、全体として下がってきている、或いは上昇に向かう気配を見せていない事は確かではありますが、重要な点として、食料品の物価だけは徐々にながら上昇してきている事だと言えます。

 更に、原油価格の高騰により、ガソリンや灯油の価格も上昇してきています。

 これがどういう事なのかと言えば、要するに、全体としての物価は上昇せずにデフレのど真ん中にいるものの、食料品や油などの生活必需品などは逆に上昇しており、殆どの一般庶民は、物価下落の恩恵を殆ど受けていない、それどころか、デフレを脱却出来ていない事によって収入は少ないままで、寧ろ、圧迫されていると言える状況な訳です。

 と言うか、そもそも、政府は緩やかながらデフレ脱却に向かいつつあると言っていた筈で、それなのに、その逆の方向である物価の下落を理由に挙げるとは、一体、何のつもりなのでしょうか。

 正直、頭が湧いているとしか思えない発言です。

 次に、公務員の給与ですが、こちらを御覧下さい。
国家公務員給与、9年ぶり引き上げ 幹部賞与は据え置き

 政府は30日午前の閣議で、幹部を除く国家公務員の07年度の給与を9年ぶりに引き上げる方針を決めた。一般の行政事務に携わる行政職職員について、人事院勧告通り、係長級以下の月給と全職員のボーナス、地域手当を増額し、年収は前年度比で平均0.7%、4万2000円増える。ただ、幹部職員である指定職(審議官・局長級以上)については、景気回復の実感が乏しい国民感情を意識して、勧告にあったボーナスと地域手当の引き上げを見送った。

 人事院勧告の一部が実施されないのは、97年度に指定職向けの実施を1年遅らせて以来、10年ぶり。政府は臨時国会に給与法改正案を提出し、成立すれば今年4月にさかのぼって支払われる。国の財政負担は、人事院勧告通り実施された場合より約10億円少ない約420億円となる見通しだ。

 閣議では、防衛省や厚生労働省などで公務員の不祥事が続いたことから、不祥事を起こした国家公務員に退職金を返還させる制度の強化について有識者検討会を設置し、来年春をめどに結論を出すことも決めた。

 人事院は今年8月、民間と国家公務員の給与に0.35%の格差が生じたとして、俸給(基本給)を係長級以下に限って引き上げるとともに、行政職と指定職のボーナスを0.05カ月分引き上げて4.5カ月分とし、都心部勤務者らに支払われる地域手当も0.5%増額するよう政府に勧告した。

 しかし8月以降3回開かれた給与関係閣僚会議では、地方や中小企業に景気回復の実感が乏しいことなどから、世論を意識して勧告の実施に慎重な意見が出ていた。

 政府は30日朝、閣議に先立って開いた4回目の関係閣僚会議で勧告の一部実施見送りを決定。町村官房長官は記者会見で「人事院勧告制度を尊重するとの基本姿勢にたった」としたうえで、「厳しい財政事情などを踏まえ、国民の理解を得られる結論を出すべく慎重に検討した。公務員への批判も考えなければいけないひとつの要素だ」と説明した。

(2007年10月30日 朝日新聞)

 9年ぶりとは言え、ついぞ最近上げたばかりの公務員の給与が下がっているからオマイラも給与を下げろとは、政府の中の人の頭には一体何が詰まっているのでしょうか。

 まあ別に、公務員の給与が上がる事自体は、別段どうでもいい事で、仕事さえしてくれればそれで結構な訳ですが、下らないプロパガンダの為に、事実をあっさりと捩じ曲げる性癖だけは何とかしろという話です。

 あと、ついでにツッコんでおくと、上の朝日の記事によれば、公務員の給与の引き上げの根拠は、民間の給与が上がって格差が生じた事らしいですが、一部を除いて、一般庶民の給与所得は全く上昇しておりません。
平均給与は9年連続ダウン…06年434万9000円

 民間企業に勤める人が2006年に得た平均給与は前年より1万9000円少ない434万9000円と、9年連続で減少したことが27日、国税庁のまとめで分かった。一方、源泉徴収された所得税の総額は、定率減税縮小の影響で9・9%増の約9兆9000億円となり、3年連続で増加した。潤う企業とは対照的に、給与が減り続ける上に税負担も増しているサラリーマンの厳しい懐具合が浮かび上がった。

 国税庁によると、1年を通じて勤めた給与所得者数は0・2%減の4484万5000人。給与総額も0・6%減の195兆153億円で、ともに2年ぶりに減少した。

 給与所得者のうち300万円以下の割合は38・8%。平均給与が過去最高となった1997年に32・2%まで減ったが、その後増え続けている。100万円以下も8・0%となって83年の水準に戻るなど、低所得者の割合が高まっている。

(2007年09月28日 FujiSankei Business i)

 もう、何から何までが嘘づくめで、順々に繋いでいくと何時まで経っても終わらないのでこの辺にしておきますが、平気で嘘八百を並べ立てるその性根だけは、何とかして是正出来ないものかと真剣に思います。

 さて、これだけスペースを割いておいて何なのですが、こんなものは枝葉末節の話であり、この問題において然程に重要な事ではありません。

 こちらを御覧下さい。
日本の病院では医師数が絶対的に不足している

はじめに

 今医療の現場は20年前と比べようもないくらいに過密で過重労働の職場になっています。「小児科医が足りない」「お産ができない」など連日報道されています。この3年間でお産ができる施設は5,000から3,000に著しく減少し、内科・外科・脳外科など救急疾患を扱う医師数も不足しています。今回のシリーズでは今の医療の現状と何故こうなったのか、どうしたら改善できるかをお話しします。

1.日本の医療は世界一と評価されているが

 日本の医療は世界保健機構(WHO)と経済協力開発機構(OECD)の報告書で、医療健康達成度、健康寿命が第1位と評価され、総合世界一となっています。

ところが医療に投入されているお金は、OECD加盟国中18位という低い状況です。

 国がお金を使わなくて国民の健康が守れると言うことは、その裏で多くの医療従事者の献身的な努力があってこそ初めて成り立っているのですが、多くの皆さんにはわかってもらえてないという現実があります。

2.病院での仕事が終わらない医師たち

 皆さんが病院に入院した時、医師や看護師に声をかけたくても忙しそうで声をかけれない経験をお持ちの方が多いのではないでしょうか。日本の医師・看護職員数を国際比較してみると、人口1,000人あたりの医師数は日本が2.0人なのに対し、ドイツ3.4人、フランス3.4人、アメリカ2.3人で日本の医師数は、ドイツの6割、アメリカの7割という状況です。

 病床100床当たりの医師数はアメリカの1/5、ドイツの1/3、看護婦数はアメリカの1/5、ドイツの1/2で毎年その格差は広がってきています。

  このような日本の病院の医師看護師不足は当然、医療の質にも大きく影を落としています。一人で何人分もの仕事をこなしても終わらない日本の医師の現状は、プロ意識に支えられていると言っても過言ではありません。ある人はこれを称して「特攻隊医療」といいました。アメリカの病院では一人の患者さんに向き合うとき、多くの専門医が患者さんを支えるチーム医療の体制をとっています。日本の病院では主治医として、診断から治療そして在宅ケアまで一人で何役もこなしており、勤務医は外来の患者さんの診察が終わってから時間外に入院患者さんの診察を行っています。

  またよく患者さんに誤解されていることの一つに「外来の担当ではない時の医師はお休み」というのがありますが、医師は外来以外にも検査や手術、往診、検診など患者さんの目につかないところで働いているのです。

 結局は病院医師数の絶対的不足のため、日本の一人の医師が、年間に診察する患者数は、8,500人でOECD平均が2,400人なので欧米の3.5倍の患者さんを診察していることになります。しかも外来患者さん一人当たりの診察料の平均は、日本が7,000円なのに対して、米国は62,000円、スウェーデンはなんと89,000円で日本は極端に低くなっています。

3.日本の医師は何故不足したのか? -12万人不足-

 日本勤務医は少しづつ増えてきてはいますが医師労働の過密化を補うものになってはいません。国際的にはこの30年でOECD平均の医師数は、1970年の1.4から2000年には2.8人に増加していますが、日本は1.1人から1.9人にしか増加しておらず29カ国中26位でその差はますます広がってきています。

  現在は日本で一番医師が多い県でもOECD平均を下回っており、現在の日本の医師数をOECD平均並みとして換算すると12万人不足しています。

 その原因は国の医療費抑制策にあります。「医師が増えると医療費が増える」と宣伝し1983年以降「医師過剰論」をふりまき、医学部定数を減らしてきたのです。医療の専門分化と高齢者増加に対応するために医師養成を増やしてきた欧米諸国との差がいま現実のものになったのです。

4.過労死寸前の病院医師たち

 このような絶対的医師不足の中にあって、多くの勤務医の労働は過労死寸前までになっています。大阪府医師会が49の病院でアンケート調査をしたところ、病院勤務医の1週間当たりの平均超過勤務時間は16.8時間で、20時間以上の超過勤務をしている勤務医は29.3%に上ることが明らかになりました。週20時間以上の超過勤務は、厚生労働省の過労死認定基準を超えるもので、約3割の勤務医は「過労死」環境の中で働いていることになります。

  また医師には当直がありますが、当直明けの翌日も94.7%の医師が通常勤務に就いています。しかしこのことはほとんど知られていません。多くの皆さんは看護師さんのように『夜勤明け』があるように思っておられると思います。外科医師は当直の翌日も普通に手術をしているのです。このことにこの国の政府は目をつぶり続けているのです。

5.どうして病院勤務医が辞めるのか

 今、日本の病院では最も活動的な40代のそれも内科や外科といった診療の中核を担う医師の退職が増えています。医師の仕事は「うまくいって当たり前、何かあったら医療事故?」というように責任を問われるだけでなく、帰宅後も担当患者さんに関する問い合わせ、夜間休日での緊急手術対応など、強いストレスで四六時中拘束される仕事です。その上現場の労働が極めて多忙になり医療事故と隣り合わせの状態に不安を抱いているのです。

 1人の医師が辞めるとその負担が他の医師にかかり、悪循環でさらに医師がやめていくドミノ現象がうまれているのです。

 この状況を突破するには医師の体制を厚くする(多くする)ことが必要ですが、これまで国がとってきた「低医療費政策(医療にお金を出さない、お金をかけない)」を転換しない限り困難です。

6.医療にまわすお金は本当にないのか

 政府のとり続けてきた「低医療費政策」の特徴は、第一に医師数や診療報酬を抑え医療費全体を低くすること、第二にその低医療費も国や企業の負担を出来るだけ減らして患者・国民に押しつけるというものです。その結果いままで国が国民健康保険への税金支出を減らしてきたため国保税があまりに高くなり全国で500万世帯が払えない状況になっています。さらに年々患者さんの「窓口自己負担」は増え、病院にかかれない状況が生まれています。一方で日本の病院の三分の二は赤字です。このような状況が続けば地域から病院がなくなり、いつでもどこでも安心して医療をうけられなくなるでしょう。

 では本当に医療にまわすお金はないのでしょうか。年間の医療費30兆円はパチンコ産業の30兆円と同じです。また日本の公共事業費はサミット6カ国の合計より多いという異常事態が続いています。

 銀行に対しては「公的資金」と呼び名を変えて税金を投入し、経営がよくなっても法人税0という状況です。大企業は最高の収益を上げているのに12兆円もの減税をうけ、その一方で国民には増税を押しつけているのです。これまでの消費税の累計148兆円はすべて法人税減税分145兆円の穴埋めに消えました。

  今の医療崩壊の問題の根本はお金がないのではなくて、医療にお金をかけようとしない政府の姿勢にあるのです。

7.低医療費政策を変えさせよう

 病院の医師が健康や生活に不安なく働き続けることができることは医療の根幹にかかわる課題です。医師の労働実態がこれほどまでに注目されたのは歴史上初めてといってもいいと思います。事態が深刻であるだけに『この国のあり方』にみんなが注目しています。今臨床研修に励んでいる青年医師やこれから医師を目指す医学生たちが、医師としての展望が語れるような医療環境を創り上げていかなければと強く思います。

(「鹿児島生協病院ウェブサイト」より)

 これが、「財政制度等審議会」とか名乗っている医療の事、国民の健康の事など全く考えていない人間とは違う、日々医療と、生命と向き合っている現場の医師の声です。

 ゴミ売りや惨景、日本不経済新聞は勿論、左翼気取りの売日やアカ日ですらも、このような医療の現場が抱える問題は殆ど報道せず、政府が掲げる「コスト削減」「効率化」という言葉を神からの啓示のように崇めたて、カイカクを進めていっているのが我が国の現状です。

 確かに、質の悪い医師が存在しているのも現実ですが、同時に、このような状況下ですらも、自らの職責を投げ出さず、出来る範囲で己の出来る事を精一杯続け、医療の質を保とうとしている医師がいる事も念頭に置かず、「医師=エリート・金持ち」というステレオタイプの発想で、「医師の給料は高すぎる」だの「医療には無駄なコストが掛かりすぎている」などと、政府の阿呆なプロパガンダに乗せられて愚民ヲドリを披露する事が、どれだけ愚かしい事なのか、どれだけ己の首を己で絞める行為なのか、もう少し真剣に考える必要があると言えます。

 世の中には、「コスト」などという薄っぺらい概念だけでは測れないものが、それこそ無数にあります。

 ファッションだけの薄っぺらい、上っ面のイデオロギーだけでアフォをマンセーし、そういうものを破壊し続ける人間こそ、紛う事無き「売国奴」であり「亡国奴」であると言えるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

医療立国論―崩壊する医療制度に歯止めをかける!
大村 昭人
日刊工業新聞社 (2007/05)
売り上げランキング: 10978
おすすめ度の平均: 5.0
5 感情的にならない説得力のある議論
5 日本の医療の根本的な問題を明解に分析

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y 180)
本田 宏
洋泉社 (2007/09)
売り上げランキング: 921
おすすめ度の平均: 4.5
5 医療崩壊抵抗の墓標
5 是非 専門店で手術を受けたい物です
3 「日本医師会」の犬なのか


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
メールを読んでクリックするだけ!GetMoney!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
呆れてものも言えません。

引用文中のパチンコ産業30兆円への課税が全く俎上に上らないことがそもそも異常です。脱税摘発ランキングぶっちぎりの1位がパチンコ屋のはずです。

遊技場税を導入して、売り上げの10%に課税できればそれだけで3兆円です。これを提案してくれたら、私は社民党でも投票しますよ。

まあ、保守の防波堤様を始めとする自民党清和会にパチンコ議員が群れている以上難しいでしょうが、パチンコを放置しておいて医療費削減なんて、どう考えてもおかしいですよ…。
2007/11/06(火) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>今度はお医者さんですか

医者の次は、多分、弁護士あたりかと思います。

光市の事件で、暴れ回っている基地外弁護団がいますが、あれなんかは、自分が事件を政治運動に利用しているつもりが、政府とマスコミの「弁護士弾圧」の為の下準備のプロパガンダに使われている可能性が大です。

ああいうのが散々暴れ回って、判決が下ったりした直後なんかだと、年次改革要望書にある司法制度改革なんか、非常にやり易いでしょうから。

>パチンコを放置しておいて医療費削減なんて、どう考えてもおかしいですよ…。

ええ、本当におかしいにも程があると思います。

こんな狂ったカイカクは、絶対に止めねばなりませんね。
2007/11/06(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
引用記事の
>日本医師会などは強く反発しており
 先の診療報酬引き下げで、医療機関の経営が大変厳しくなり、地方を中心として医療崩壊が進行していることは無視ですか?(医療崩壊は、これ以外にも政府・自民党の愚策が関わっているわけですが)
 マスゴミは、「日本医師会の反発」だけに矮小化して、政府の自国に対する破壊行為をバックアップしているんでしょう。「など」とつければいいってものじゃない。大事なことを隠すな。
 まあ、政府・自民党は、医療界を焼け野原にした上、罪塊や害屍がからんだ組織に医療経営させたいことはわかっています。
 こういう連中を支持する者、その宣伝をしているとしか思えないマスゴミは、正気ではありません。

コメント欄
>医者の次は、多分、弁護士あたりかと思います。
 その後の見解もなかなかおもしろいですね。
 司法試験合格者数を大幅に引き上げて、どういうつもりなのか。劣悪な訴訟が増加して、日本も裁判大国になるのでしょうか。
2007/11/06(火) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
>先の診療報酬引き下げで、医療機関の経営が大変厳しくなり、地方を中心として医療崩壊が進行していることは無視ですか?

見事なまでにスルーしてますね。

まともに医療危機について報じているのは、赤旗くらいのもので、後は政府のプロパガンダの垂れ流しです。

まあ、書こうとする、書きたいと思っている記者がいても、ボツ原稿とされる事は勿論、下手すると東京湾に浮く羽目になってしまいますからね。

まずは、読む側がリテラシーを身に付けて、そういうマスコミ業界を糾弾していく以外に無いのでしょうね。

>司法試験合格者数を大幅に引き上げて、どういうつもりなのか。劣悪な訴訟が増加して、日本も裁判大国になるのでしょうか。

要望書によると、米国は外弁、外国人弁護士が日本国内で活動出来るようにする事を強く要望しています。

今、年次改革要望書の米国の要求を基にして、この辺の事も調べてます。

纏まったら、エントリーとして上げます。
2007/11/07(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
【共済の関連URL】
*兎に角、最寄の県民共済へ、年次改革要望書(kyosai)の存在を知らせてあげてください。
http://www.kyosai-cc.or.jp/annai/index.html

【共済・問い合わせ一覧表】(*組合名の後の数字が電話番号)
北海道民共済生活協同組合 011-232-2456
青森県民共済生活協同組合 017-732-7150
岩手県民共済生活協同組合 019-625-1287
宮城県民共済生活協同組合 022-374-4588
秋田県民共済生活協同組合 018-823-0131
山形県民共済生活協同組合 023-628-8301
福島県民共済生活協同組合 024-522-3361 
茨城県民生活協同組合 (古河局) 0280-32-1911
栃木県民共済生活協同組合 028-627-2030
群馬県民共済生活協同組合 027-251-6968
埼玉県民共済生活協同組合 048-855-5221
千葉県民共済生活協同組合 047-432-8500
東京都民共済生活協同組合 03-3980-0271
神奈川県総合生活協同組合(全国共済) 045-222-3070
新潟県民共済生活協同組合 025-243-7730
富山県民共済生活協同組合 076-423-0200
石川県民共済生活協同組合 076-263-5011
静岡県民共済生活協同組合 054-254-5581
県民共済愛知県生活協同組合 052-953-3211
岐阜県民共済生活協同組合 058-276-0026
三重県民共済生活協同組合 059-221-3355
長野県民共済生活協同組合 026-228-6289
滋賀県民共済生活協同組合 077-583-0601
京都府民共済生活協同組合 075-361-0024
奈良県民共済生活協同組合 0742-30-0012
大阪府民共済生活協同組合 06-6533-5566
兵庫県民共済生活協同組合 078-925-9230
島根県民共済生活協同組合 0852-27-3171
岡山県民共済生活協同組合 086-235-3420
広島県民共済生活協同組合 082-263-6888
山口県民共済生活協同組合 0834-21-8405
香川県民共済生活協同組合 087-862-3373
福岡県民共済生活協同組合 092-261-5551
長崎県民共済生活協同組合 095-842-8177
熊本県民共済生活協同組合 096-211-2215
大分県民共済生活協同組合 097-537-3646
宮崎県民共済生活協同組合 0985-27-8768
鹿児島県民共済生活協同組合 099-214-5666
全国生活協同組合連合会 048-845-2000
2007/11/07(水) | URL | n #kzSLSZXc[ 編集]
何時も、ご苦労様です。
2007/11/07(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
手元に無いので詳細が不明ですが、昨日発売された11月10日号では特集で【共済】(kyosai)を扱っています。当然ながら保険業法と、その改正が出てくると思われるのですが、肝心の年次改革要望書との関連が気になります。御存知の方が居たら、特集記事【共済の正体】の中身を教えていただけませんか。
2007/11/07(水) | URL | n #kzSLSZXc[ 編集]
 よく読んだら、もっと大事なことが。私って、なぜこんなにセンスがないのでしょう。

>医師の給与などに充てる本体分
この部分が恐ろしいです。

 「薬価分」の方は、基本的には薬屋に行ってしまいます。ということは、「本体分」が医療機関の収入のほとんど全てです。
 これを「医師の給与など」と書くのが許されるのでしょうか?極めて悪質な印象操作です。

 たまたまリンクが出現していたので、そのブログ(「URL」をクリック)にコメントしてきました。混合診療についてのエントリです。
 この「がん患者」は国に都合がいいダシにされてしまっています。一般の方は、こういう記事にも騙されるんでしょうね。
2007/11/08(木) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
>「薬価分」の方は、基本的には薬屋に行ってしまいます。ということは、「本体分」が医療機関の収入のほとんど全てです。

ま、そういう事、そういうつもり、という事なのでしょうね。

薬価分、製薬会社、それと混合診療に関してですが、年次改革要望書にも書いてありますね。

何と為の、誰の為のカイカクなのか、分かり易い連中です。
2007/11/08(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/992-b81f4d63
 世論の誘導、いまだ止まらず-沖縄戦における集団自決に関連して、軍強制があったとする教科書記述を復活、訂正申請を出す教科書会社が出始めたという記事が出ていました。何とも言いようのない虚脱感を感じます。 そ
2007/11/06(火) | 平成更級日記
裏で糸を引いているのが読売系の総帥であるナベツネなのかは分かりませんが、壊し屋小沢一郎が暴走を始めました。公明党の意向を無視するようなプロセスで大連立を持ちかけた福田康夫の真意も推し量りかねますが、民主党執行部の反対で自民党の要求を呑めなくなり、
11月8日に、福田康夫首相が議長を務める経済財政諮問会議が開かれ、御手洗冨士夫・日本経団連会長といった民間メンバーの4人が、(こんな連中の一体どこが‘民間’なのかは分かりませんが)「税制の抜本改革」について話し合われました。議論の焦点はもちろん消費税増
民主党小沢騒動について、ネット社会ではいろいろな憶測が飛び交っています。福田康夫をそそのかし、小沢を窮地へと追いやったのは読売総裁であるナベツネで、そのナベツネを陰で操っていたのは、「‘テロとの戦い’はアメリカが始めた戦争」だとして、テロ特措法
11月15日に福田首相が首相官邸で「いま消費税をすぐ上げるという話にはならない」と述べたことで、来年度で実行されるかもしれないと噂されていた「消費税増税」論議は事実上消滅してしまいました。権威に靡くことしかできない今のマスコミ連中は正しくアナウンス