FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → 医療崩壊の現実

医療崩壊の現実
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 11月6日の記事において、基地の外な政府が医療機関の診療報酬を、実に訳の分からない、餓鬼の駄々のような理由で下げようとしている事をお伝えしましたが、阿呆の政府の言い分とは真逆に、日本の各地の病院が政府の無能な医療政策の煽りを受け、窮地に追い込まれていっています。
病院統合:公立と民間、医療体制維持を優先 愛知・東海市

 愛知県東海市は7日、市が運営する市民病院(14科、199床)と企業出資の東海産業医療団中央病院(12科、305床)が、08年4月をめどに統合すると発表した。医師が不足し単独での運営が難しくなったためで、双方とも地域の医療体制を維持するには統合が不可欠と判断した。公立と民間病院の統合は極めて異例。

 両病院は派遣を受けていた大学の医師引き上げや勤務医の開業で常勤医が減り、一部診療科の休診や入院受け付けの中止を余儀なくされている。経営も赤字体質となり存続が危ぶまれる事態となったため、東海市と医療団が7月、県・市医師会や医師を派遣する名古屋大などと病院連携等協議会を設置し、対応を協議してきた。

 統合案によると、経営は市に一本化し、内科と外科の常勤医を市民病院に集約、2次救急医療の体制確保・充実を図る。中央病院は市民病院の分院または第2市民病院と位置づけ、予防・健診機能と回復期・慢性期機能を担うとしている。ベッド数は市民病院は現状のまま、中央病院は154床に半減させる。

 市民病院は06年度決算で約2億9000万円の赤字を出し、中央病院も05年度から赤字が続いている。市によると、統合後は08年度は約2億6000万円の赤字が見込まれるが、09年度には病床利用率を96%(現在約70%)に高めることで、医業収支を2800万円の黒字に転換できるとしている。

 統合について病院連携等協議会参与の大島伸一・国立長寿医療センター総長は「地域医療が全国で崩壊する中、東海市は手遅れになる前に官と民、学を交えて協議を始め、いい結論を出した。新たな(病院経営の)モデルになってくれることを期待したい」と話している。

(2007年11月08日 毎日新聞)

 赤字経営である事も十分に深刻な事態である訳ですが、それ以上に深刻だと言えるのが、医師の数自体が足りていないという事で、事実、この両病院も、統合の一番の理由として「医師不足」を挙げています。

 このような状態で、更に診療報酬を削減するなどという暴挙を断行すれば、一体どのような事になるのか、考えるまでも無く明々白々であると言えるでしょう。

 診療報酬が少なくなれば更に病院の倒産や統廃合が進み、病院の数が減っていく事となり、病院の数が少なくなれば、今でさえ足りない医師の数は更に減少していき、日本の医療崩壊の流れは、取り戻しようが無い程に確実となってしまいます。

 これは、「カイカクだ、テーコーセイリョクはワルいヤツだ」などと幼児のチャンバラごっこのように、論理の「ろ」の字も無い阿呆な事を、保守気取りの似非愛国者が遊び半分で続けていい事では絶対にありません。

 政府の言う事が嘘八百の出鱈目ばかりである事は、あの国家的詐欺事業、郵政民営化の欺瞞が満天下に晒された今ならば、小匙一杯の脳味噌があれば理解出来る事です。

 その嘘出鱈目をマンセーし、阿呆で鬼畜な政府の言うがままに、医療カイカクなどを進めていけば、医療の財政負担を削減していけば、どういう事になるのでしょうか。
東松山市民病院:時間外救急診療を休止 医師半減で困難に--来月1日から /埼玉

 東松山市松山の市立市民病院(230床)は12月1日から、診療時間外の救急診療を休止する。03年4月に31人いた医師が、今年8月1日には16人と半減し、救急患者の受け入れ態勢維持が困難になったことが理由という。

 休止する救急診療の時間帯は、平日午後5時~午前8時半、土曜日の午後、日曜日。これまで平日で1日5~15人、土、日、祝日で、25~35人を受け入れてきた。

 病院によると、医師不足の原因は04年に始まった新医師臨床研修制度の影響が大きいという。病院は医師確保のため今年4月から、給与を年額約150万円増やすなど対策を講じてきたが、流出は止まらなかった。今月末にはさらに内科医1人が辞める予定だ。

 金子都雄管理課長は、「人手不足による過労で、医師は疲弊している。過労がさらなる人手不足を呼ぶ悪循環だ」と切実な現状を訴えた。同病院は早期再開を目指し、関係病院などに常勤・非常勤医師の紹介を求めている。

(2007年11月07日 毎日新聞)

 こういう事が、日本全国津々浦々で巻き起こる事となる訳です。

 大体、そもそもの話、本当に、医療には無駄な税金が投入されているのでしょうか。

 今年2月の日本医師会の記者会見での資料から、検証してみる事にしましょう。
1人当たりGDPと1人当たり総医療費支出

1人あたりGDPと1床あたり総医療費支出

 クリックで拡大しますので、よーく見て下さい。

 はい、検証するまでも無く答えは出ましたね。

 1人あたりの総医療費支出は平均以下、1床あたりの総医療費支出に至っては、先進国中ではダントツで低く、韓国や墨西哥などの1人あたりGDPが1万5千ドル以下のグループをほんの少し上回る程度でしか無い訳です。

 日本の1人あたりGDPは下がって来ていると言えども3万以上な訳で、本来ならば倍前後程度はあってもおかしくは無く、こんな程度で国庫にとって重大な負担だと言うならば、それは単に行政が果てしなく無能であるだけの話です。

 こういう嘘を、平気の平左で並べ立て、国民を欺いて己の懐だけを潤そうとしているのが、今現在の政府与党なのであり、それと結託している財怪塵という鬼畜どもな訳です。

 これが正しい姿なのか、美しい国の姿なのか、希望の国の姿なのか、公正な社会の在るべき姿なのか、アベだのコイズミだのの保守気取りの似非愛国者の威勢が良いだけで中身の何も無い叫き声に無思慮に喝采を送る前に、立ち止まって己の頭できちんと考えるべきだと言えます。

 結局、あの連中は、表では耳障りの良い言葉で国民を欺きながら、裏では、こういう国家・国民の拠り所となるべき部分を徹底的に破壊し続けてきた、国賊以外の何者でも無い存在な訳です。

 医療や郵政、農業のような、重要な生活インフラをぶち壊してヘラヘラ笑いながら「カイカクを止めてはならない」とか言っているような、銀河系の果てまで届きそうな超絶的な馬鹿が、そんな事をきちんと出来よう筈が無いというものです。

 支那の軍拡が脅威である事、北朝鮮の核が脅威である事、韓国がかなり鬱陶しい事は事実ではある訳ですが、人は、銃弾を撃ち込まれなくとも、核の炎に身を焼かれなくとも、飢えれば死ぬし病に冒される事でも死に至るものです。

 仮に、あの脳味噌盧武鉉どもが本気でそう思っていたとしても、こんな狂った内政をこれ以上何年も続けられた日には、支那や北鮮の核が日本に着弾する前に、日本人の大半以上は飢えや病で死んだり路頭に迷ったりする事になってしまうでしょう。

保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y 180)
本田 宏
洋泉社 (2007/09)
売り上げランキング: 1574
おすすめ度の平均: 4.5
5 医療崩壊抵抗の墓標
5 是非 専門店で手術を受けたい物です
3 「日本医師会」の犬なのか

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 29393
おすすめ度の平均: 4.0
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。65種類以上の機能を標準搭載。
無料アクセスカウンター

《参考資料》

医療提供体制の国際比較(要約)
2007年2月7日
日本医師会/日医総研


1.概要
  • 目的:日本では、医療資源(とくに病床数や看護職員数)の集約化を通じた医療費削減が進められている。本調査では、「経済力」(ここではGDPを指標とする)からみた場合、日本の医療資源が本当に過剰であるのか、また、高齢化に対応した医療提供体制が整えられているのかを検証する目的で分析を行った。

  • 方法:「OECD Health data 2006」を用いて、1996年、2004年の医療提供体制および総医療費支出などをOECD加盟国(日本を含め30か国)間で比較した。
    * 年によってデータがない国もあり、分析項目によっては対象国が30か国未満のものもある。
    **図表においては、日本と欧米先進諸国を比較しやすくするため、日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスの5カ国は、マーカーを塗りつぶして表示している。

  • 用語の定義:総医療費支出:国民医療費に、日本でいう介護保険サービス費、健康・予防にかかわる費用、管理コスト等を加えたものである。


2.対GDP比総医療費支出

日本の対GDP比総医療費支出は、1996年は29か国中21位、2004年は30か国中21位である。低医療費政策によって、日本は長年、医療費後進国から脱することができずにいる。
対GDP比総医療費支出の国際比較(1996年)対GDP比総医療費支出の国際比較(2004年)

3.1人当たりGDPと1人当たり総医療費支出

1人当たりGDPと1人当たり総医療費支出には高い相関がある。1人当たりGDPが平均以上でありながら、1人当たり総医療費支出が平均以下なのは、日本、イギリス、フィンランドの3か国のみである。
1人当たりGDPと1人当たり総医療費支出

4.1人当たりGDPと人口1,000人当たり医師数

日本の人口1,000人当たり医師数は、1人当たりGDPが平均以上の国の中で、最下位という実態である。
1人当たりGDPと人口1,000人当たり医師数

5.高齢化率と人口1,000人当たり医師数

日本は、高齢化がいちじるしく進展したにも関わらず、人口1,000人当たり医師数は微増に止まっている。もともと医師数が平均以上であったフランス、ドイツは、高齢化に伴ってさらに増加した。高齢化率にほとんど変化がない、アメリカ、イギリスでも医師数は増えた。
高齢化率と人口1,000人当たり医師数


6.1人当たりGDPと人口1,000人当たり看護職員数

日本は、人口1,000人当たりの看護職員数では平均以上である。准看護師の存在によってかろうじて保たれている水準であり、准看護師の供給次第では、たちまち平均以下に転落する可能性がある。
1人当たりGDPと人口1,000人当たり看護職員数

7.高齢化率と人口1,000人当たり看護職員数

アイルランド、ノルウェー等一部の突出した国を除くと、高齢化率と人口1,000人当たり看護職員数には正の相関がみられる。日本は、人口当たり看護職員数に関しては、准看護師の存在もあり、高齢化に対応した供給が実現している。
高齢化率と人口1,000人当たり看護職員数

8.1人当たりGDPと1床当たり総医療費支出

1床当たり総医療費支出(病床にかかっているコスト)で日本は、1人当たりGDPが1万5,000ドル以下のグループの水準をわずかに上回るレベルでしかない。
1人あたりGDPと1床あたり総医療費支出

9.高齢化率と1床当たり総医療費支出

フランスは、高齢化の進展とともに、1床当たり総医療費支出を上げてきた。ドイツでも、やや増加した。日本は、高齢化がいちじるしく進んでいるにも関わらず、1床当たり総医療費支出は、低い水準のまま、横ばいで推移している。
高齢化率と1床当たり総医療費支出

10.まとめ

  1. 日本の経済力からみると、医師数は、非常に少ない。
    -1人当りGDPが平均以上の国の中で、日本の1,000人当り医師数は最下位である。
    -日本は、高齢化の進展に対応した医師の供給が不十分である。

  2. 看護職員の供給は先進国並みである。准看護師の存在によるところが大きいと推察される。

  3. 病床にかかっているコスト(1床当たり総医療費支出)は、極めて低い。
    -日本は、病床数が多いことが、さも医療費高騰(実は医療費も高くないのだが)の原因であるかのようにいわれているが、1床当たりコストは1人当たりGDPが低いグループに属する国々とほぼ同レベルである。
    -高齢化率が平均以上の12か国で比べても、11位に止まっている。

日本の医療提供体制は、現状ですら先進諸国に大きく水をあけられている。今後、急速な高齢化が進展する前に、医療提供体制の再構築を検討するべきである。また、日本の総医療費支出を身の丈にあった(経済力にみあった)ものにする観点からも、必要な医療資源を確保するための財源的手当てについてあわせて検討するべきである。

(日本医師会ウェブサイトより)

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
スポンサーサイト



南京の真実

ブックマークに追加する
医療制度の売国性を批判してます。
必見ですよ。
2007/11/09(金) | URL | とおりすがり #GAkJEmLM[ 編集]
引用記事の中に「東京」という地名が一度も出てこないんですよね。

自民党や財界の馬鹿どもは、自分たちが住んでる大都会を基準にして国内問題を考えているんでしょうね。丸川珠代が当選してしまうくらいですから、東京がグローバリストの仕掛ける貧民化計画に気付くのは相当後になりそうです。

ちなみに私は都民です。みんな明日は我が身だと思えないんでしょうか…同じ日本に住んでいるのにねぇ。

2007/11/09(金) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
年次改革要望書との関連からも述べていただくとありがたいです。この存在が、諸悪の根源と言っても過言ではないからです。
2007/11/09(金) | URL | n #kzSLSZXc[ 編集]
最近の浪人さんの怒涛のエントリーはすごいですな。
日本国民に危機を知らせるために、八百万の神々がのりうつったんじゃないかと思えてくる。

そういえば東京都内でも十条か赤羽の病院が閉鎖されたと報道でありました。
東京都内ですらこれだから、ほかの道府県はもっと悲惨な状況なのでしょう。

歳徳会では東京都民の方たちでも安全な純国産食材が買えるよう、
ネット販売をしている会社を多く紹介しています。
2007/11/09(金) | URL | おしゃか #-[ 編集]
情報、ありがとうございます。
2007/11/09(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
東京は、何のかんの言っても、まだ影響は殆ど無いでしょうから、どうしても実感が湧かないのでしょうね。

色々と評判の宜しくない都知事ですが、経済・財政政策に関しては、かなりまともな部類に入りますし。

東京の事しか考えていないのが難点ですが。

まあ、もう兎に角、遠回りに思えても地道に訴えていき、理解者を増やしていくしかないでしょうね。

その上で、それでも気付けない人は、もう見限っていくしかないと思います。
2007/11/09(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
診療報酬引き下げ自体は、多分、年次改革要望書とはそれ程関係は無いと思います。

これは、単純に政府が医療・社会保障に掛かる予算を下げたいのと、年次改革要望書の内容を実行するのをやり易くする為の前段階です。

医師の力が削がれれば削がれる程、カイカクはやり易くなりますから。
2007/11/09(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>東京都内でも十条か赤羽の病院が閉鎖されたと報道でありました。

東京でもですか。

医療機関は、本当に追いつめられてますね。

何とかしないと、本当に不味いですね。

>歳徳会では東京都民の方たちでも安全な純国産食材が買えるよう、ネット販売をしている会社を多く紹介しています。

ええ、歳徳会の方も、頑張って下さいませ。

ウチの方でも、定期的に農家の声を届けたいと思います。
2007/11/09(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
 「イシカジョー」などというデタラメを流し、医学部定員減少をしまくった上、新医師臨床研修制度導入で、医局崩壊を一気に進めた結果がこの有様です。
 無能であるとしか言えません。

 もっと悲惨な例を提示します。リンク先に市立稚内病院の診療科紹介を貼っています。脳神経外科がありません。医師臨床研修制度導入された直後に、なくなってしまいました。
 話によると、脳関係の手術が必要な患者さんは、180㎞先の名寄まで搬送しているらしいです。
 恐ろしさ満点です。
 
 診療報酬減額については、罪塊の要望(福祉関係予算の減額)もあったような気がします。

 狂っています。
 全力で今の政権をぶちのめさなければいけません。
2007/11/10(土) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
>話によると、脳関係の手術が必要な患者さんは、180㎞先の名寄まで搬送しているらしいです。

これは…もう、何と言うか、凄まじいとしか言えないですね。

この上に、まだ福祉・社会保障の予算を削減していこうと言うのですから、狂気の沙汰としか言えません。

本当に、狂っています。
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/998-4ad95279