FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → プロパガンダ注意報フロム大手町

プロパガンダ注意報フロム大手町
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自エンド

 さて、例の混合診療は違法という政府の主張が敗訴した裁判を受けて、必ず何処かがやるだろうと思っていた訳ですが、やはりと言うべきか、自民党の心の友、清和会の心の友、保守っぽい主張の中に巧妙に政府の主張を織り込んで世論を誘導する自民党御用新聞、惨景新聞が、いの一番に名乗りを挙げられた模様です。
混合診療 患者のため改めて議論を

 「混合診療」に保険適用を認めた初の東京地裁の判断が注目されている。

 健康保険で治療してきた患者が、保険で認められていない治療を併用するいわゆる混合診療を受けると、それまで保険がきいていた治療まですべて自費で支払わなくてはならない。これが混合診療の保険適用を禁止する国の制度だ。不合理である。

 東京地裁は「保険診療に保険外診療(自由診療)を併用した場合、保険が適用できなくなるとの法的根拠は健康保険法などには見いだせない」と法解釈上、この制度を否定した。

 これを機会に混合診療の是非と在り方を改めて議論すべきである。

 国は「健康保険は安全性や有効性、普及性の水準が保証された医療に適用され、併用は一体の医療行為とみるべきで、保険診療に当たらない」との立場をとっている。

 日本は戦後、国民皆保険というだれもが良質な医療を受けられる体制を目指し、世界に誇る長寿を実現し、乳幼児死亡率の低下にも成功した。しかしながら、国民の生活レベルが向上した結果、健康に対する意識が強くなり、医療に対するニーズは多様化し、公的保険診療だけでまかない切れなくなっている現実もある。

 このため、昭和59年に一部の高度先進医療などに例外的に混合診療を認める特定療養費制度を始めた。平成16年には政府の規制改革・民間開放推進会議が混合診療の解禁を求めたが、実現しなかった。2年後の18年には混合診療の枠をさらに広げる保険外併用療養費制度が導入された。

 原告は「混合診療が認められないと患者の全額自己負担になる。経済的に望む医療が受けられず、命を落とすこともある」と全面解禁を求める。しかし、厚生労働省は「保険外診療の未承認の治療だと、患者が不利益を受ける」と反対し、日本医師会も「貧しい人は限られた医療しか受けられなくなる」と主張している。

 医療界には「一定のルールのもとに認めるべきだ」とか、「高額な医療行為で利益ばかり追求する医療機関も出てくる」との声もある。

 医療は患者のためにある。混合診療を議論するにも、この大原則を忘れてはならない。

(2007年11月09日 産経新聞)

 本題に入る前に、この惨景を含めたマスゴミども、その他色々に物申しておきたいのは、いい加減、政府の事を「国」と表記するのはやめれ、という事です。

 政府は、あくまで国民から権力を負託された国の行政を管理・運営する機関なのであり、我等全ての日本人が帰属する日本という「国」そのものではありません。

 ただの一法人に過ぎない行政府を「国」と呼び、政府の意見に反対する人間に反国家のレッテルを貼ろうとする姑息な印象操作は止めて、正々堂々、中身で勝負してみろこの蒟蒻野郎。

 余り本筋から離れるのも何なので、そろそろ本題へと入りましょう。

 まず、第一点目に認識しておかなければならないのは、この混合診療というものは、遡る事2005年度から、「日米投資イニシアティブ報告書」において、アメ公どもが日本に対して強く要求してきている事だという事です。
B.医療サービス分野

米国政府は、米国企業はかねてから日本の医薬品、医療技術及び医療機器ビジネスに参 画してきているが、医療サービス市場についても米国企業が参加し貢献する余地があると指摘した。また、米国政府は日本政府に対して、営利企業による医療サービスの提供を認めること、又は可能な暫定的措置として、画像診断や透析・理学療法などの慢性治療といった定型的かつリスクの低い医療行為について営利企業への外部委託を認めることを要請した。

米国政府は魅力的な企業投資の観点から、いわゆる「混合診療」(保険診療と保険外診療の併用)の解禁についての関心を表明した。厚生労働省は、今後とも、米国政府の要望に応じて、2004年12月に厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣(規制改革、産業再生機構)、行政改革担当、構造改革特区・地域再生担当との間でなされたいわゆる「混合診療」問題に係る基本的合意及び基本的合意に基づく改革の進展について、情報提供を継続する。

日本政府は、営利企業が医療サービスを提供することは法的に認められないものの、2004年10月以降、構造改革特区において、公的医療保険が適用されない自由診療の分野で、高度な医療については営利企業の参入が認められるようになっており、2005年5月には地方自治体から特区申請が提出されていると回答した。また、2006年の医療法改正に向けて、医療機関における非営利性の徹底のための規制の見直しを提言する検討会が設置されていることを説明した。さらに、日本政府は、血液検査を含む検体検査を営利企業に外部委託することは一定の条件の下で認められているものの、患者が危険にさらされるおそれがあるため、どんな医療行為でも医師以外の者に行わせることは認められない旨説明した。

いわゆる「混合診療」について、基本的合意に基づく今般の改革は、患者の要望に迅速かつ的確に対応するものであると述べた上で、日本政府は改革の内容とその進展について詳細な説明を行った。

米国政府は、特区において公的医療保険が適用されない自由診療の分野という狭い範囲のサービスしか認められていないことは不十分であり、魅力的ではないであろうと応答した。また、参入機会が制限されていることに加えて、潜在的な投資家は、提供しているサービスが公的医療保険において保険償還の対象になると、市場からの撤退を余儀なくされうることを懸念せざるを得ず、そのような不安定な状況では、投資をすることはないだろうと応答した。さらに、米国政府は、日本の医療法では地方自治体の裁量のもとで営利法人が病院や診療所の経営を行うことを実際には禁止していないことを指摘し、日本政府が日本における経済的、財政的、人口動態的状況を変革する観点からこのような可能性を考慮すべきであると主張した。

日米投資イニシアティブは、教育及び医療サービス分野における現状を見直し、進展のための意見交換を継続する。

(経済産業省ホームページより)

 最近になってようやく気付いた訳ですが、医療や教育などの分野に関しては、どうも、例の「年次改革要望書」では無く、こちらの「日米投資イニシアティブ報告書」の方に書かれている事の方が多いようです。

 それにしても、記憶が曖昧で確実では無いものの、確か「混合診療」の話題がやたらと出るようになって来た時期と、この報告書が出た時期というのが、どうにも重なっていたように思えてなりません。

 ただ、取り敢えず一つだけ確実な事は、今の「混合診療」を認めようという動きに、米国が深く絡んでいる、という事でしょう。

 さて、こういう事を言うと、「例え米国が要求した事であろうと、良いものは良いのだ」とか言い出すクラミジアが大量に湧いて出てくる訳ですが、確かに、「治療の幅が広がり、救われる命も増える」などという財怪塵の言い分をそのまま受け取れば、この「混合診療」は例えアメ公の命令であろうと悪い事ではないように思ってしまいます。

 それでは、この「混合診療」の一体何処が問題なのか、取り敢えず、日医の見解を見ていく事にしましょう。
混合診療ってなに?

Q1.
最近、新聞報道などで、「混合診療」という言葉を目にしますが、混合診療とは何ですか?

A.
日本の健康保険制度では、健康保険でみることができる診療(薬や材料も含みます)の範囲を限定しています。
混合診療とは、健康保険の範囲内の分は健康保険で賄い、範囲外の分を患者さん自身が費用を支払うことで、費用が混合することを言うのです。

Q2.
いまは「混合診療」が認められていないのですか?

A.
日本では、健康保険の医療に関する価格を厚生労働大臣が決めています。
そして、健康保険の範囲内の診療と範囲を超えた診療が同時に行われた場合でも、平等な医療を提供するために、範囲外の診療に関する費用を患者さんから徴収することを禁止しています。
もし、患者さんから費用を別途徴収した場合は、その疾病に関する一連の診療の費用は、初診に遡って「自由診療」として全額患者さん負担となるルールになっています。

一連の医療サービスの中で、例外として患者さんから別途費用徴収を行うことが認められているのは、差額ベッド(入院した時の個室代)や新しい高度な医療技術などのごく一部です。

Q3.
差額ベッドなどの例外を増やすことによって混合診療が認められれば、保険外の診療を行っても全額自費にならなくて済むのではないでしょうか。その方が患者さんにとっては便利なのでは?

A.
一見、便利にみえますが、混合診療には、いくつかの重大な問題が隠されています。例えば、次のようなことです。

(1)政府は、財政難を理由に、保険の給付範囲を見直そうとしています。混合診療を認めることによって、現在健康保険でみている療養までも、「保険外」とする可能性があります。
(2)混合診療が導入された場合、保険外の診療の費用は患者さんの負担となり、お金のある人とない人の間で、不公平が生じます。
(3)医療は、患者さんの健康や命という、もっとも大切な財産を扱うものです。お金の有無で区別すべきものではありません。「保険外」としてとり扱われる診療の内容によっては、お金のあるなしで必要な医療が受けられなくなることになりかねません。

混合診療の背景には、このような問題が潜んでいます。

Q4.
さきほどの回答の中に、「保険外の診療の内容によっては」という言葉が出てきましたが、例えば保険で認められていない薬があって、その薬が安全で有効なものなら、患者さんもお医者さんも使えるように、混合診療として認めたほうがよいのでは?

A.
もし、安全で有効なことが客観的に証明されている薬ならば、保険外ではなく健康保険で使えるようにすれば、すべての患者さんが公平にその恩恵を被ることができます。
つまり、時間をかけずに、速やかに保険で使えるようなルールをつくれば済むことです。


Q5.
それでも、保険で適用されなかった場合に、その薬が使いたいのであれば、混合診療として認めたほうがよいのでは?

A.
まず、いまの薬の承認制度が、必ずしも判断基準が明らかでないことや、審査・承認までの期間が長すぎるという根本的な問題があります。製造や輸入の承認や健康保険適用の判断基準を明確にして、審議や結果をオープンにすることが必要です。
そのうえで保険適用されなかった薬は、有効性や安全性等の問題が指摘されたものと考えられます。
このような薬の使用を混合診療として保険外で認めれば、結果的に使用を促進し、重大な健康被害等が全国に拡大するおそれがあります。保険外であっても、安易に認めるべきではありません。


Q6.
使用数が保険で制限されている材料があると聞きます。ひとによって、多くの材料が必要な場合は、制限を超えた分は患者さんの実費でみれば、全額患者さん負担よりは納得感があるのでは?

A.
医療は、同じ病気であっても、患者さんの年齢や体力、ほかの病気の有無などによって、個別の対応が必要です。その患者さんに一番合った治療方法が選択されるべきです。
したがって、患者さんによっては、保険で制限されている数以上の材料が必要な場合もあります。このような場合は、患者さんの容態を客観的に判断し、医学的に必要な場合は保険でみるようにすればよいのです。
医療を「平均」で扱うのではなく、患者さんの「個別性」を加味することが必要です。


Q7.
混合診療に問題があるとしながらも、現に差額ベッドなどは認められています。これらは今後どのようにすべきですか?

A.現在の制度の中で認められている混合診療(特定療養費と言います)は、(1)新しく高度な診断や治療で普及度が低い医療技術を指す「高度先進医療」、(2)入院時の個室や予約診察など、どちらかというと患者さんのアメニティ(快適性)に関わる「選定療養」、の2つに大別されます。
まず、高度先進医療は、有効性や普遍性が認められるものは、すべて保険適用するのが筋です。そして、より多くの患者さんが高度の医療を保険で受けられるようにすべきです。
差額ベッドなどのアメニティに関するものは、そもそも診療行為ではありません。したがって、その部分で患者さんから費用を徴収しても「混合診療」には該当しないと整理すべきです。


(日本医師会「混合診療ってなに?Q&A」より)

 この中で最大の問題部分は、Q3への回答の中にある「政府は、財政難を理由に、保険の給付範囲を見直そうとしています。混合診療を認めることによって、現在健康保険でみている療養までも、「保険外」とする可能性があります」という部分。

 そして、Q5への回答の中にある「まず、いまの薬の承認制度が、必ずしも判断基準が明らかでないことや、審査・承認までの期間が長すぎるという根本的な問題があります。製造や輸入の承認や健康保険適用の判断基準を明確にして、審議や結果をオープンにすることが必要です」「このような薬(有効性や安全性等の問題が指摘されたもの)の使用を混合診療として保険外で認めれば、結果的に使用を促進し、重大な健康被害等が全国に拡大するおそれがあります。保険外であっても、安易に認めるべきではありません」という部分でしょう。

 特に、Q3への回答に関しては、政府の今までの医療や社会保障に対する政策、出鱈目で無茶苦茶で支出をカットする事しか考えていない、阿呆の見本みたいな政策を少し思い起こせば、十分以上に考えられる事だと言えます。

 小泉政権末期で成立した、例の究極の悪法、「障害者自立支援法」の事を思い出してみても、あの鬼畜どもがどういう事をするであろうか、容易に想像が付きます。

 また、Q5への回答部分にある「このような薬(有効性や安全性等の問題が指摘されたもの)の使用を混合診療として保険外で認めれば、結果的に使用を促進し、重大な健康被害等が全国に拡大するおそれがあります。保険外であっても、安易に認めるべきではありません」という項目ですが、鬼畜米賊は、「年次改革要望書」において、医薬品の審査の審査・承認時間を短縮するように求めてきています。

 それだけならば、日医も指摘している事であり、問題では無い訳ですが、この鬼畜米賊は同時に、米国の臨床データを併用、或いは参照する事や、その審査や承認に関して米国企業に口出し出来るようにさせろ、などと、見事なまでにジャイアンな事を言ってきています。

関連エントリー:●2007年度版「年次改革要望書」、「医療機器と医薬品」部分の和訳

 その結果、日医が憂慮しているような事になる可能性は、限りなく高いと言わざるを得ません。

 混合診療=悪の診療という訳ではありませんが、これだけ問題が山積みの状況で、安易にこの診療法に賛成する事は、限りなく危険だと言わざるを得ないものです。

 日医が反対するのも当然だと言えるでしょう。

 恐らく、これから先、アメ公どもからの圧力が強くなるに従い、阿呆の自民党の必死さは更に増していき、米賊の家来であるマスゴミ連中のプロパガンダ報道も更に激しさを増していく事となるでしょう。

 これに強硬に反対している日医は、郵政選挙の時の城内氏や小林興起氏、亀井静香氏のように、抵抗勢力のレッテルを貼られ、徹底的に叩く予定なのでしょうね。

 しかし、絶対に、そのような鬼畜どものイカれたプロパガンダに踊らされるような事はあってはなりません。

 そもそも、考えてみて頂きたい訳ですが、この混合診療の解禁というのは、本来ならば医師にとってはビッグビジネスのチャンスと呼べるものな訳であり、阿呆の政府や財怪塵が言うような利権だの己の儲けの為に日医が行動しているのであれば、諸手を挙げて賛意を示す筈なのです。

 「医者は金持ち」などというイメージが世間では強い訳ですが、過去のエントリーにも記してきたように、殆どの医師は、限られた公的医療費の中で、限られた人手の中で、ギリギリ一杯一杯でやっているというのが実情です。

関連エントリー:●狂気の宴

 本当に金持ちな医者などは、整形外科医などの「自由診療」を中心に営業している、ごく一部の限られた医者くらいのものだと言えるでしょう。

 これはつまり、「混合診療」が解禁されれば、「自由診療」の幅が広がり、今はギリギリ精一杯でやっている医療機関、医師達も、その一部の自由診療を中心に営業している整形外科医のようになれるビッグチャンスとなるという事でもあります。

 にも関わらず、彼らは「断固として反対」しているという事を、我々は、国民はよく覚えておく必要があると言えます。

 阿呆の政府に騙され、本当の憂国の士をどん底に叩き落としてどうなるのか、先の郵政選挙で十二分に理解出来た筈です。

 自らの利さえも打ち捨て、日本の医療を崩壊させない為に敢えて抵抗勢力となった人間と、アメ公の言うがまま、財怪塵の言うがままに、欲に目が眩んで暴走する基地外のどちらを支持するのか。

 答えは考えるまでも無い事だと言えるでしょう。
保守式自エンドバナー初号機保守式自エンドバナー初号機保守式「自エンド」バナー初号機

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも清き一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所 (2007/04/12)
売り上げランキング: 10981
おすすめ度の平均: 4.0
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計

医療立国論―崩壊する医療制度に歯止めをかける!
大村 昭人
日刊工業新聞社 (2007/05)
売り上げランキング: 30224
おすすめ度の平均: 5.0
5 感情的にならない説得力のある議論
5 日本の医療の根本的な問題を明解に分析


PR情報
安価、安心、高機能ストレージサービスは、 NTTビズリンクのiTrustee
レンタルサーバーなら大容量10GBのサイトサーブ2
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 とてもよく出来ているエントリと思います。
 裁判を起こした男性は、確かにかわいそうではありますが、だからといって言うがままに混合診療を認めたりすると、その数倍数十倍では済まないくらいのかわいそうな人が出ることになるでしょう。
2007/11/10(土) | URL | 北之茂良助 #0OF0GxPA[ 編集]
成る程、竹中平蔵の愛読書(=小泉、安部、福田のアンチョコ)は、「年次改革要望書」の他にもう一冊(=日米投資イニシアティブ)あったのですね。
2007/11/10(土) | URL | n #kzSLSZXc[ 編集]
> 本題に入る前に、この惨景を含めたマスゴミども、その他色々に物申しておきたいのは、いい加減、政府の事を「国」と表記するのはやめれ、という事です。

> 政府は、あくまで国民から権力を負託された国の行政を管理・運営する機関なのであり、我等全ての日本人が帰属する日本という「国」そのものではありません。

> ただの一法人に過ぎない行政府を「国」と呼び、政府の意見に反対する人間に反国家のレッテルを貼ろうとする姑息な印象操作は止めて、正々堂々、中身で勝負してみろこの蒟蒻野郎。

なるほど!
鋭い指摘ですね(私が無知なだけのような気も・・・)。
2007/11/10(土) | URL | 喜八 #WE/hy34.[ 編集]
 神州の泉です。管理人殿が“政府”と“国家”を峻別せいとおっしゃるのは
至極ごもっともな話であります。私はエコノミストの植草一秀さんを“国策捜
査”の観点で応援していますが、実はこの『国策』という言葉の使い方に私自
身が抵抗を感じています。理由は“国策捜査”は“通常冤罪”とは異なり、時
のねじれた政権による都合の悪い人物の粛清という点を強調するために使って
います。言葉に“国”が含まれていますから、いかにも大きな枠としての
“国家”の策略というニュアンスになりがちですが、そこが誤解を受ける所以
でしょう。小泉政権という稀代のペテン政権が己の悪事を糊塗するために植草
さんのような立派な良心派を陥れたということです。佐藤優さんが『国家の罠』
で使ったこの“国策捜査”が有名になったのですが、これは正確に言えば“時の政権による策謀的捜査”なのです。つまり国家の意思ではないと私は捉えていま
す。おそらく時の政権=国家というように短絡的かつ乱暴に行く感覚は“アカ”
的な感性でしょう。佐藤氏の言う“国家の内在的論理が変わったとき、都合の悪い人物を標的にする”という言い方は不適当であり、“時の政府の内在的論理が云々”という言い方にするべきでしょう。そうしないと国家毀損のニュアンスが
出てしまいますから。

 気がついたら日の丸を有する国家の一員として自分は存在していた。自分を
生み出したのは肉体の母ですが、私も母も祖母も祖父も先祖も過去から連綿と
存在し続けたこの国土に繋がっていました。この『国家』なる無窮の存在と、
小泉政権という一時のやさぐれ政権はまるで別物であるという認識を国民は持
たないといけません。事実上の父母と同様に、国家もまた自分の存在証明の重
要な成り立ちです。時の政府は、その時の行政の最高機関というだけの話であ
り、国民の付託を受けた一公僕に過ぎません。

 したがって、過去未来時制をすべて包含し、民族の宿命を背負った国家と政
府は同一のものではありません。チンピラ小泉と竹中、こいつらのどこが国家?
我々は国政とか国策という言葉を使う時は漠然と“国”という言葉を容認して
いますが、政府批判をするときは決して“国家批判”ではないことを銘肝すべ
きでしょうね。

 私も管理人さんと同様に、以前から国家と政府は別物であるということを気
にかけておりました。

 したがって、マスコミや役人が政府批判=反国家的扇動というニュアンスに
もって行きたがるのは国民洗脳だと捉えて叩いて行けばいいかと思います。国
家とは理屈ではなくデフォルトで敬愛すべきものです。
2007/11/10(土) | URL | 神州の泉 #bUZRqreQ[ 編集]
こんにちは!初めまして!
すばらしいエントリです。

私も書きましたが、不十分でした。

混合診療の大きな問題点は、

1、国じゃなくて、現在健康保険でみている療養までも、「保険外」とする可能性。
2、保険外が認められると、治療にお金のあるなしで必要な医療が受けられなくなることになりかねない。
3、高度先進医療を保険外で使うことを認めれば、結果的に使用を促進し、重大な健康被害等が全国に拡大するおそれがある。保険外であっても、安易に認めるべきではない。


混合医療を認めるのではなく、高度先進医療は、有効性や普遍性が認められるものは、すべて保険適用するのが筋。そして、より多くの患者さんが高度の医療を保険で受けられるようにすべき。

という解決を図ればいいことですね。
2007/11/10(土) | URL | ふじふじ #-[ 編集]
ええ、裁判を起こした男性は、本当に可哀想です。

彼は純然たる被害者である上に、その立場をプロパガンダに利用までされているのですから。

こういう、所謂「弱者利権」の使い方は、煎餅野郎の入れ知恵なのでしょうね。
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
米国製ではありませんが、あと、経団連ビジョンというのがあります。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2007/vision.html

これを含めた、経団連の提言を纏めたページがここです。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/index.html

経団連タイムスというのも、連中の愛読書だと言えるでしょうね。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/journal/times/index.html

財怪塵関連では、ここも注意しておく必要があるかと。
http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/list2007.html
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
いえ、私が鋭いとかでは無く、私が明らかに右寄りの人間で、喜八さんがそうではないという、ただそれだけの事だと思います。

自民マンセーなだけの類は別として、殆どの保守や右翼は、大なり小なり思っている事です。
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
仰る通り、完全に同意です。

佐藤優氏は、恐らく、余り深く考える事無く「国策捜査」という言葉を使われたのでしょうが、その辺りも、マスゴミが常に政府を「国」と言い続けてきた弊害なのでしょうね。

まあ、これは、戦後始まったものでは無く、戦前からずっと続いている事ですので、マスゴミどもの所為だけでは無いのですが。
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
はじめまして。

その通りです。

これまでのパターンからいって、政府やマスゴミは、こういう医師の声を完全に封殺し、「医師はエリートだから冷たくて人間味が無い」「医師の感覚は一般人の感覚とはまるで違う」というプロパガンダに出てくると考えられます。

我々に出来る事は、そうではなく、医師はきちんとこういう考えの下で、こういう理由から反対しているのだという事を、一人でも多くの人に届け、分かって貰う事です。

頑張りましょう。
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
次々と愛読書が見つかりましたね。斜め読みしましたが、嬉々として売国しているのが何とも情けないです。
2007/11/10(土) | URL | n #tLYyar7A[ 編集]
政界と財界がある程度癒着する事は仕方がない側面もある訳ですが、小泉政権以降、公の為に財界を押さえ込む義務すらも放棄しましたからね、自民党は。

制御する存在すら無くし、欲に呑まれてしまった餓鬼は、ほんの少しの他人を思い遣る心さえ無くし、暴走しているという自覚さえ無くしてしまっているのでしょう。

まあ、ある意味、憐れな、人間の成れの果てですよ、連中も、自民党執行部も。

だからと言って、売国が許される訳ではありませんが。
2007/11/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
「郵政民営化をすれば日本は救われる」「自民党が負けると日本は滅ぶ」「成長を実感できないのは改革が足りないからだ」等とほざくカルト教団を「国」と呼ばれるのは虫唾が走ります。

最近、厚労相のハゲが肝炎患者に謝罪して「弱者に優しい政府」を演じていますが、裏ではこのような売国政策を実行しようとしてるんですね。狂っています。
小泉政権でもハンセン病患者に謝罪をして人気取りをしていましたね。
パフォーマンスに利用される患者の方々が本当に可哀想です。
2007/11/17(土) | URL | TAITAI #W7kF9j2A[ 編集]
はじめまして。

>「郵政民営化をすれば日本は救われる」「自民党が負けると日本は滅ぶ」「成長を実感できないのは改革が足りないからだ」等とほざくカルト教団を「国」と呼ばれるのは虫唾が走ります。

同感です。

しかし、そうやって並べますと、本当にカルトの言っている事そのままですね。

>パフォーマンスに利用される患者の方々が本当に可哀想です。

ええ、本当に。

弱者やマイノリティを利用して己を利するやり方には、虫唾が走ります。

ま、大方、「運命のパートナー」とやらの総大将、犬作センセーにでもやり方を教えて貰ったんでしょうね。

ああいうのは、連中の十八番ですから。
2007/11/17(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/999-1c6f8563
 本日、沖縄集団自決冤罪訴訟の公判が大阪地裁であり、午前中に原告の梅澤裕氏、赤松秀一氏の証人尋問、午後に被告の大江健三郎氏の証人尋問があった。公判内容については、すぐに入廷した方々の報告が報じられると思う。それにして
2007/11/10(土) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  ●前回の記事で、中国の王朝の中でも隋・唐というのは非常に重要だという前振りをしました。今回は、この二つの王朝を通じて、中国が大きく変容していったということを考えてみたいです。  隋というのは、非常に
2007/11/10(土) | 日々是勉強
  ||| ムシャラフ傀儡政権 狂気の朝令暮改 |||ラワルピンジ抗議デモ計画を機動隊が弾圧阻止 反体制派5千名逮捕ムシャラフ軍政、ブットを自宅軟禁 数時間後ブッシュの忠告で解除パキスタン・イスラマバード発 |パキスタンの反体制政党の代表ベナジール・ブット女史
2007/11/10(土) | 米流時評