FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ → 日想

サヨクへ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 私は社民党朝日新聞が嫌いです。

 「リベラル」や「左翼」は何処の国にも存在していますが、この連中のように祖国を誹謗中傷し、祖先の名誉を汚し、自らを善人と思い込んでいるような「サヨク」は世界中の何処にも存在しません。

 何処の国にいこうとも、通常は「左翼」にしても「右翼」にしても、思想の違いはあれども、皆祖国を愛し、祖先に誇りをもっています。

 「愛国心」を持つことは人間であるならば当然のことで、それを「右傾化」だの「軍国主義」だのと批難する異常集団が存在しているのは、悲しいことに日本だけです。

 先日テレビを見ていたところ、田嶋陽子氏が「今の日本はプチナショナリズムだ」などとほざいておられました。

 日本を異常に批難する中国に嫌悪感を感じたり、国のために戦い亡くなられた方に祈りを捧げることが、「プチナショナリズム」なんだそうです。

 この方に限らず、「サヨク」全般に言えることなのですが、「ナショナリズム」と「パトリオリズム」は全然別物であることが、何故理解できないのでしょうか。

 前者は「国益主義」であり、後者は「愛国主義」です。

 日本が自らの利益のために、他国の安全権利を脅かしているのならば、「ナショナリズム」に侵されていると言えると思いますが、単純に先人の功績を認め、追悼の意を示し、祈りを捧げたり、自らの安全や権利を脅かそうとしている国に警戒感を抱くことは、少なくとも日本語では「ナショナリズム」とは言いません。

 上記の行為を為す人が「ナショナリスト」ならば、世界は異常な「ナショナリズム」に侵された、ファシズム国家だらけであることになります。

 国の為に戦い亡くなられた方々を追悼し、自らの祖国の安全を守ろうとしない人間は、普通「売国奴」とか「国賊」とか言います。

 思想を強要したりするつもりはありません。

 ただ祖国を愛し、祖先に感謝の念を持つという、「普通の人間」になりませんかと言っているだけです。

 「サヨク」の方々が、間違いに気付き、本来の「左翼」や「リベラル」に進歩できる事を願います。

日本人はなぜ日本を愛せないのか
鈴木 孝夫
新潮社 (2005/01/24)




南京の真実

ブックマークに追加する

第一回 良い子のサヨク対処法
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 本来、リベラル(自由主義)とは、政府による圧制・抑圧に対し、個人の権利を主張し、自由と民主主義、小さな政府を掲げる思想です。

 近年においては、主に社会民主主義を指す言葉に変容してきてはいますが、母国を貶めたり、辱めたりする集団のことをリベラルと呼んでいるのは、日本だけであるように思います。

 日本の社民党や共産党のような政党は、世界の民主主義国家ではリベラルではなく、極左のカルト団体として扱われ、まともな人間からは歯牙にもかけられない、というのが現状だと思います。

 しかし何故か日本では、彼らが一定の市民権を持ち、まるで国民を政府の圧制から救う正義の団体であるかの様に勘違いされています。

 彼らは、先の大戦において自らの命を投げ出して日本のために戦った英霊たちを貶め、悪の枢軸である中国共産党、北朝鮮を礼賛し、耳障りの良い言葉で巧みに人の良い日本人を騙し、この国を滅亡へと導こうとしています。

 しかし、彼らの言葉のほとんどは何の証拠もない嘘であり、少し歴史や国際事情について勉強すれば、簡単に論破できるものばかりです。

 今回ここでは、このような極左カルト団体の虚言に騙される人が一人でも少なくなるよう、簡単ではありますが、馬鹿サヨクにからまれた場合の反論の仕方を説明していきたいと思います。

 まず手始めとして、彼らの十八番である「日本は戦時中アジアの国々に大変酷い事をした」というものから、対処法を考えていきたいと思います。

 確かに日本が戦時中、アジアの国々に迷惑をかけたということは事実ではあります。

 しかし、迷惑はかけたものの、サヨクの馬鹿が言うような、酷いことをされたと言う国は私の知り得る所では、中国・韓国・北朝鮮(所謂特定アジア)しかありません。

 この内、韓国と北朝鮮は元は一国ですので、広いアジアの中で日本に酷い事をされたと言っているのは、二国しか存在しないことになります。

 さらに朝鮮は、当時日本の一地域でしたので、大戦において日本に被害を受けた国は、中国一国ということになります。

 そして中国は大戦において日本の対戦国でした。

 戦争において対戦国に被害を与えないなどということは、普通に考えて有り得ないことです。

 日本兵が中国人を殺すのと同じように、中国兵も日本人を殺しています。

 被害にあった数や規模の差は、日本と中国の軍事力の差であり、日本兵が残虐だったことの証明には成り得ません。

 とすれば、日本は一体どこの国に対して、60年間も謝罪し続けなければならないほどの悪事を働いたのでしょうか。

 結論としては、日本は「アジアの国々」ではなく、中国に対して戦争を仕掛けただけであり、当時はおろか現在においても戦争が、国際法の中で犯罪と規定されていない以上、そこまで言われるほどの悪事は働いていないという事になります。

 以上が稚拙ながらも私の見解であります。

 南京大虐殺や従軍慰安婦問題、日韓併合などの事柄につきましては、今後続編を書くような事がありましたら、触れてみようかと思っています。

 このような雑文ではありますが、続編を望まれる方がおられれば、是非コメント欄に続編希望とお書きください。

 調子にのった管理人が喜び勇んで、続編に手をかけるかもしれません。

人気blogランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

大東亜戦争の実相
大東亜戦争の実相
posted with amazlet on 06.01.15
瀬島 龍三
PHP研究所 (2000/07)
売り上げランキング: 15,141


    


南京の真実

ブックマークに追加する